映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

α900は視野率100%(訂正有)

フォトキナをまえに、ソニーがフルサイズデジタル一眼レフ α900を発表。
ウワサ通りのハイスペックに、ウワサに近いコストパフォーマンスな価格(まあ、ソニーのはレンズを選び出すと恐ろしく高価くつくんだけど)。
第一印象では、あまりに古風な軍艦部にえ〜と思ったけど、つるんとしたEOS-1系デザインが苦手な人も多いし、無骨でアリかな、とも思えてきた。

A900

なにより視野率100%で出してきたところに、真面目さというか、真剣さがあって好感。
キヤノンのEOS 5Dで96%、ニコンのD700では95%でしかない視野率を、この間までカメラメーカーでなかったソニーがきっちり100%で出すあたり、偉いと思う。
視野率100%がどれほど重要かはユーザーによりけりだけど、キヤノン、ニコンがフラッグシップ機以外はお茶を濁してきたところを
撮像素子に対して視野枠の位置を正確に保持できるよう、視野枠に3軸の調整ピンを設けた。工場で調整を行なうことで、視野率約100%を保証する。デジカメWatch
のは(姿勢として)素晴らしい。

写真ではごつく、重そうに見えるけど、
ボディ重量は700D > α900  > EOS 5D (重い順)
ゴージャスな?縦位置グリップもイイ感じ

発表が秒読みに入ってるハズのEOS 5D後継機はどうだろう。

–ADs–

★☆【予約特典】ストラップ+CFカード4GBプレゼント!★☆SONY α900 ボディ +予約特典付き…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください