映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

超合金バルキリー VF-25S ファイター形態

Vf25s_01

正月明けに届いたけど、〆切に追われて未開封だった DX超合金 VF-25S メサイアバルキリーをようやく開封。
んでも、実はまだ仕事が終わってないので、トランスフォームはさせずに、ファイター形態のみで写真撮ってみる。

Vf25s_02

プラモのプロポーションは羨ましいが、もうプラモを組むスキルも気力も失われているので完成品に逃げる。

Vf25s_03

箱から出して、ランディングギアを出すだけで、この状態。背中のデカールを貼ると思っただけでプラモじゃなくて良かったと思った(^_^;

以下、写真集。今回はファイター形態のみ。
ちなみに、レタッチしだすとキリがないので、EOS 5D Mark IIでRAW撮影 → Lightroomの段階ブラシでレベル補正&トリミング → バッチ書きだし

Vf25s_04

Vf25s_05

Vf25s_06

Vf25s_07

Vf25s_08

Vf25s_09

Vf25s_10

Vf25s_11

Vf25s_12

Vf25s_13

Vf25s_14

Vf25s_15

–ads–
気力とスキルのある方は、プラモの方が出来が良く、安い。

コメント (7)
  1. ryocyan より:

    ど~も、
    かっこいい~
    1万二千円ですか・・・
    しかし時代の進歩ッちゅうのはすごいもんですね~
    昔の可変バルキリーからみると、
    何じゃぁこりゃぁ。
    って、感じです。

  2. 森田勝里 より:

    プラモ組んだ身からは
    キャノピーの開閉
    頭部両横亀甲部分とエアインテークの合いの良さ
    は秀逸と思います
    あと
    変型の耐性は
    格段に高いと推察します

  3. SAIKA より:

    ryocyan
    店の守り神にいかがですか・・?(^^)
    森田さん
    あ、プラモはキャノピー固定???
    ええ、頑丈さ優先で・・
    っていうか、森田さんのプラモワーク見たら、とても手を出す気になれません
    凄すぎです

  4. bluez より:

    先生、この撮影には何mmのレンズをお使いですか?できれば参考までにF値も…

  5. My Life より:

    VF-25 MESIA
    DX超合金のバルキリーがやって来ました。朝一でオズマ機が届き、開封してニマニマし…

  6. SAIKA より:

    今回、速報?なので、レンズはEF 24-105mm F4Lがほとんど
    あ、2枚だけ20mmがありますね
    焦点距離は、24〜105をまんべんなく使ってる感じ
    F値は5.6〜11の間で、絞り優先AE
    スポット測光で機体表面でAE、露出補正は-0.33〜-1.33ですが、
    RAW現像時に露出は弄ってるので参考にならないかも知れません

  7. bluez より:

    有り難うございます。
    どうしても被写界深度が浅くなってしまって…いやぁ、光源が暗いんですねぇ。そこまで絞れないです…orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください