映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

カメラバッグに差し色を:INDUSTRIA レザー引き手

最近はカラーのバリエーションも増えてきたけれど、それでもカメラバッグは黒一色が主流。
そんななか、半杭誠一郎氏が率いるインダストリア(INDUSTRIA★)が、同社のカメラバッグ IND-310デュマンフレーバーショルダーに使われている本革ジッパープル(レザー引き手)IND-LHT5の単体販売をはじめました。

INDUSTRIA IND-LHT5_01

このレザー引き手は、表面が黒、裏面が赤(いまはオレンジのカラバリも発売されました)という、お洒落で、かつ、ファスナーの視認性が良くなる実用性を併せ持つアイテム。
カメラバッグに赤い差し色が入ります。

INDUSTRIA★ Camera Bag_01

ワタシはIND-310ユーザーではなく、その派生型とも言えそうなIND-M1のユーザー
このバッグのジッパープルは黒一色なので、引き手だけ交換しようと購入。
(初回ロットに出遅れて2回目のロットで購入。)

INDUSTRIA IND-LHT5_02

左:IND-M1(ネイビー)の初期ジッパープル。
右:ひとつだけIND-LHT5に換装した状態。

INDUSTRIA IND-LHT5_03

IND-LHT5。レザー引き手が5本入って、1,080円(税込)

INDUSTRIA IND-LHT5_04

本革、日本製。1,000円(税別)じゃあ手間賃でしかないので、一種のサービスパーツだと思います。

INDUSTRIA IND-LHT5_06

で、このレザー引き手、7年前にキヤノン と アルティザン&アーティスト がコラボして作ったカメラバッグ PA-AA-E1の引き手とほぼ同じ意匠です。
これも半杭誠一郎氏のデザインによるもの(だと思います)。

INDUSTRIA IND-LHT5_07

同じだと思ったら少しづつ意匠の違う引き手でした。
左から IND-M1、IND-LHT5、PA-AA-E1。

INDUSTRIA IND-LHT5_08

ファスナーのジッパー穴に通して、まるめて、引くだけ。

INDUSTRIA IND-LHT5_09

さり気ない差し色がお洒落だとは思いませんか(オマエがお洒落を語るなと言うツッコミは甘んじて受けます)。

INDUSTRIA IND-LHT5_10

ジャンパーのジッパーにも使ってみました。

INDUSTRIA IND-LHT5_11

これも手袋装着時でもファスナー開けやすくなって◎です。

INDUSTRIA IND-LHT5_12

唯一の誤算は、IND-M1、ジッパープルが8本も使われているのです。
IND-LHT5は5本入り。
あわてて追加購入しようと思ったら、裏面レッドのタイプは再び在庫切れになっていました・・・_| ̄|○

ぜ、ぜんぶ差し色だと、逆にウルサいよね。このくらいがいいよね、と自分を慰めています。
ソニーαユーザーは、裏面オレンジが似合うと思います・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください