映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

デジタル一眼のUSB充電

クマデジタルさん「EOS R を AnkerのACアダプタで充電する」で汎用USB-C電源アダプタでEOS R充電。ソニーユーザーはかなり前からUSB充電&給電なので、何を今さら感があるかも知れませんが、キヤノンもオリンパスもデジタル一眼がUSB経由の充電に対応したのは、最新機種(キヤノンはEOS R、オリンパスはOM-D E-M1X)から。
オリンパスなど、OM-D E-M1 Mark IIでUSB-Cを載せる先進性を見せながらUSB充電出来なかったし、EOS RはUSB充電は出来るけれどUSB給電には非対応。ちなみにOM-D E-M1XはEOS R同様、「本体電源オフ時のみUSB充電可能」ですが、充電を伴わない「USB給電動作は可能」です。それはともかくとして

EOS R & OM-D Battery_01

 

前述のクマデジさんのエントリーで「EOS Rの付属のACアダプタでも充分充電は速いですが、限られた時間にもう1バッテリーが充電したい、というような逼迫した状況において、こういったカメラ本体でも充電できる環境があると助かることもあるかと思います。」と書かれているように、同梱充電器(LC-E6)で充電しつつ、本体でもうひとつLP-E6N(N型でないと本体充電はできません)を充電するイメージ。

ワタシは逆(?)で、この時のように写真撮るのがメインでない出張時などに、最低限のカメラ(EOS RとRF35mmF1.8の組み合わせが最近のお気に入り)だけ鞄に入れて、夜、継ぎ足し充電するイメージ。
この時は「チャージャー LC-E6もさほど荷物になる訳ではない」と自分で書いてるけれど、LC-E6は130g、LP-E6Nは80gなのでチャージャー入れるよりバッテリー1コ余分に入れて、足りない分は夜充電、の方が効率的かな。

EOS R & OM-D Battery_02

 

で、いま、うちに滞在中のOM-D E-M1XはまるでEOSの縦位置グリップ(バッテリーグリップ)のように、バッテリーBLH-1(OM-D E-M1 Mark IIと同じもの)を2個使うのだけど、製品に同梱されるバッテリーチャージャーはEOS-1D X Mark IIのようなデュアル型ではなく

EOS R & OM-D Battery_03

 

OM-D E-M1 Mark IIと同じBCH-1が「2コ」同梱されるんです(笑)
いや、いいんですけど(1コだけ持っていけば旅行時に荷物が減るし)、パッケージ開けたときはちょっと笑ってしまいました。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください