映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

すべてRetinaになったMacBookAirと静かに消えたMacBook

MacBook Pro 13がアップデートさせるというウワサはあったけれど、その噂の実現と同時にMacBook Airもアップデート。なにより大きなポイントは全モデルのRetina化。
(あと、アカデミックは109,800円からというのもポイント)
旧MacBook Airが入れ替わりに販売終了になっているので、これですべてのノート型MacはRetinaディスプレイになったことになる。

MacBook Air_1

思えば10年前、MacBook Airを買っていたのですが、結局、その後、MacBook Proに戻っています
それでもAirのコンセプトは好きで、今回のマシン、出先でFinal Cut Pro Xとかやるつもりなければ、これでいいんじゃないかなあ。

MacBook Air_2

昔のMacBook Airに比べてThunderbolt3だからストレージもその他機器も拡張しやすいし。

そして、新型MacBook Pro 13とMacBook Airのリリースの影で、MacBookがフェードアウト。(TouchBarなしのMacBook Proもなくなりましたね)
ある意味、モデルの立ち位置が明確になった気もします。

7/10追記:分かりにくくて意味が通じていなかった部分を加筆修正しました💦

–Ads–

コメント (2)
  1. 雨韻 より:

    こんばんは。
    AirのRetina化は去年ですよね。
    今回、旧型Airがラインナップから消えた事を受けた内容だとは思いますが、ちょっと気になりまして。。。

    1. SAIKA より:

      仰る通り、すべてRetina化という意図でしたが、読み返すと通じないですよね。
      ありがとうございます
      書き直してみます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください