映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

RF24-240mm F4-6.3 IS USMのポジション

キヤノンがRF24-240mm F4-6.3 IS USMを正式発表。9月上旬発売。って、え?夏休みには間に合わないの?プレスリリースにあるように、このレンズ、「小型・軽量を追求した設計により旅行などさまざまなシーンで気軽に携行することができます。」のが最大の特徴では??(まあ、運動会に間に合えば、ってことでしょうか・・・)

ただ、小型軽量と言っても、ヘビー級の居並ぶRFレンズ群では、ってところもあって、同じRFレンズでワタシの持っているRF24-105mm F4Lズームと比べると意外と大きいし重いのが分かります。

こんな感じ。まあ、この2本を同時に携行するシチュエーションは少なくて、RF24-240mm F4-6.3 IS USMをボディに着けっぱなしで、カメラバッグの中にRF35mm F1.8 MACROを、というのがバランスの良い旅カメラキットだと思う。

旅カメラキットといえばOM-DとED12-100mm F4が35mm換算で24-200mmになって、まさにRF24-240mm F4-6.3 IS USMと同じコンセプトに思えます。

こうやって比較するとマイクロフォーサーズのEDに対し、フルサイズで10倍ズームを実現しつつ、EDより一回り大きいだけにとどめたのはスゴイとも思いますが・・・。
先日の弾丸マカオ旅行でもED12-100mmは大活躍しましたが、EXIF見てみると、換算で24mmから100mm程度までが多く、それ以上の写真は2割り程度なのを考えると、ワタシの場合はRF24-105mmF4で旅行はオッケーなのかも知れません。
(ただし、マカオでも7-14mmを多用しているのでRFレンズ、いい広角ズームを期待。)

にしてもRF24-240mm F4-6.3 IS USM。赤鉢巻きの付かない普及型レンズだと思うのですが、キヤノンオンライン価格12万円ですか・・・。う〜ん。EOS RPとキットで20万円、というのがRFシステムの起爆剤だと感じるのですがね。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください