映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

床拭きはアイロボットにお任せの時代?ブラーバジェットm6

20XX年には無くなる職業、機械(とAI)が担う仕事、といったリストが話題だけど、それよりも早く、床拭き掃除はロボットがやってくれる時代が来るかも知れません。そう、アイロボット社のブラーバならね。
拭き掃除の新たな時代が始まる。というキャッチフレーズとともに登場したiRobot Braava Jet m6
そのシークレットミーティングなる体験会にお誘い頂き、行ってきました。新型床拭きロボット ブラーバジェット m6。

Braava jet m6_01

アイロボットといえばルンバが有名で、うちでも旧型が妻と子供の寝室で稼動中。
ルンバは自動掃除機で、ブラーバは自動拭き掃除機。体験会と同時に発売されたm6はその最新型。広い部屋にも対応するブラーバ 390j、小型で範囲は限定されるもののジェットスプレーで汚れを落としながら拭き掃除するブラーバジェット 250、そして両者の機能を統合したような上位機種としてのブラーバジェット m6

Braava jet m6_02

サイドビュー

Braava jet m6_03

上から。この丸い部分がデザイン上の特徴にもなる水タンクハッチ(後述)。

Braava jet m6_04

フロント。前面にあるのがザクのモノアイ、ではなく、ジェットスプレーの噴射口。

Braava jet m6_05

リア。

Braava jet m6_06

逆サイド。前半分のボディ下部にクリーニングパッドが装着されているのが分かります(後述)。

この筐体が自走し、床を拭き、ジェットスプレーで汚れを浮かせ、拭き取ります。
実際の動作デモの様子を撮ってみました。

Braava Jet m6 from SAIKA on Vimeo.

作動音が分かりやすいように、作動中はBGMなし。ジェットスプレー噴射時にちょっと大きめの動作音が生じているのが分かります。

Braava jet m6_07

ジェットスプレー用の水はBraava jet 250の本体一体型から取り外し可能なタンク型になりました。
250ユーザーは歓喜していました。ここに入れるのは水ですが、専用の床用洗剤(お試し用が同梱)を添加することも可能。

Braava jet m6_08

クリーニングパッドは4種類。左から洗濯可能ドライパッド、洗濯可能ウエットパッド、使い捨てウエットパッド、使い捨てドライパッド。全種類同梱されていますが、使い捨てパッドは追加購入して使います。

Braava jet m6_09

そして同社のルンバ i7/i7+と連携して、掃除→床拭きの一連作業を自動化します。Imprintリンクという仕組みですが、まるでロボット同士が意思疎通を交わしているかのような動きを見せるのがユニークです。

Braava jet m6_10

自動モードで使うだけなら本体だけで出来ますが、iPhone、Android、といったスマホを使うと、スケジュール設定や掃除モード等をカスタマイズ出来ます。

Braava jet m6_11

外出時にあわせて掃除スケジュールを組み、部屋のレイアウトを学習し、さらに部屋のエリア別に掃除プログラムも変更可能。

Braava jet m6_12

掃除内容や、部屋、そしてルンバとブラーバの協調動作設定もアプリで行えます。

Braava jet m6_13

そしてm6はルンバのように自動でホームベースに戻って充電、作業再開を行います。

Braava jet m6_14

その意味でもブラーバジェット m6は、拭き掃除型ルンバと言えそうです。

Braava jet m6_15

論より証拠、近日、Braava Jet m6が貸し出しでうちにやって来ます。
デモ通りの見事な能力を発揮して、ブラーボと叫ぶか、意外とダメでブーイングになるか、それは後日、報告します。

–Ads–

コメント (1)
  1. 葛西潤一 より:

    とても便利そう!がしかし高い!

葛西潤一 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください