映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS-1D Mark IV の動画機能

ニコンD3Sに引き続き、キヤノンEOS-1D Mark IVが発表され、フラッグシップ同士が並んだ。(1Dsがフラッグシップじゃね?という議論は置いておく)
昨夜の新型iMacを筆頭にしたアップルの製品投入で、カメラ好きなMacユーザーの関心が分断されちゃったのは可哀想なところだが、EOS-1D Mark IVの感想を書いておく。

ただ、ワタシは写真も仕事領域の一部とはいえ、写真撮影で得るギャラはせいぜい年間のカメラ機材投資分しかなく、とてもプロであるなんて言えない(いや、ちゃんとプロとしての責任感はもって仕事受けますけどね)ので、あくまで動画機能の話。

EOS-1D Mark IVの動画機能は、ほぼEOS 7Dと同じだと思って良さそう。
フルHDでは30P,24Pで、29.97fps。音声のサンプリングレートは見つけられなかったがおそらく7D同様に48kHzのはず。
60P(59.94fps)は、1280×720のみ。ここがいちばん残念。フラッグシップには1920×1080での60Pを実現して欲しかったなあ。
デュアルDIGICでは無理なんだろうか。

29.97fpsも個人的にはピュアな30Pでいいと思ってる。
今日日の編集でドロップフレームでなきゃ、って問題はないし、もともとEOSムービーって短尺ファイルの集合体だから、オーディオがずれる(ロックドオーディオになってない)、って問題も大きくないっしょ
と思うんだけどなあ
NTSCの呪縛は、いいかげん払拭したい。。。

コメント (3)
  1. pawabuku より:

    >今日日の編集でドロップフレームでなきゃ、って問題はないし
    DF=29.97fps、NDF=30.00fpsって事じゃないので。
    NTSC(HDも含む)では、29.97fpsなので、Pure30pで撮影された素材を29.97fpsで再生、編集しています。0.1%とはいえ音とヅレていきますよ。
    >フラッグシップには1920×1080での60Pを実現して欲しかったなあ。
    同感ですね。あと、低圧縮率のモードとか。

  2. SAIKA より:

    あ、仰るとおりで、DFイコールではないですね。失礼しました。
    どちらかというと、NTSCがカラー化したときに行われた29.97の遺産を
    HD化、あるいはデジタル化のときに、精算して欲しかったって意識です。
    すみません、フィルム編集出なので、間引かれたTCがキライなんです・・(笑)

  3. sakaki より:

    5DMk2の動画がファームで24p、25pに対応する予定?とのこと。
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091021_323297.html?ref=rss
    こちらの方も気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください