映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ED12-200mmの最短撮影距離は仕様以上

いや、以上と書くべきか以下と書くべきか迷いますが。
オリンパスの超高倍率ズーム旅レンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 ですが、製品特長にも書かれているように、仕様上は最短撮影距離22cm(広角時)ワーキングディスタンス10cm、最大撮影倍率0.1倍(35mm換算0.2倍)なのですが、実際はもっと寄れるし、もっと高い撮影倍率になるという話。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_01

最短撮影距離0.22m。レンズ自体の長さが約10cmで、レンズ先端から被写体までの最短距離(ワーキングディスタンス)もおよそ10cm。
というのがスペック上の数値

ちなみに同じオリンパスのプロ用旅ズーム ED12-100mm F4、キヤノンEOS R用ハーフマクロ RF35mm F1.8とスペックシートで比較するとこんな感じ。
近接撮影能力で言えば、仕様上は RF35mm > ED12-100mm > ED12-200mm の順、ですよね。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_03

ところがED12-200mm、ワーキングディスタンス10cmのハズなのに実際は2cm以下でピンが合います。
*ディスプレイに方眼を表示し、AFで合焦マークが出たところでチェックしています。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_04

腕時計をマクロ撮影(?)してみると、こんな感じになります。
フード装着していると最短撮影距離まで寄れません。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_05

ED 12-200mm F3.5-6.3 最短撮影距離付近(広角端)
AFで合焦マークが出たところでレリーズしています(以下同じ)。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_06

ED 12-100mm F4 最短撮影距離付近(広角端)

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_07

RF35mm F1.8 最短撮影距離付近

スペックシートと逆に  RF35mm < ED12-100mm < ED12-200mm の順に感じます。
最短撮影距離および倍率の話です。画質とか歪みとか、像の流れ、という話ではありません。

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_08

ED 12-200mm F3.5-6.3 最短撮影距離付近(望遠端)

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_09

ED 12-100mm F4 最短撮影距離付近(望遠端)

ED12-200mm & 12-100 & RF35mm_10

RF35mm F1.8 最短撮影距離付近

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください