映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Atomic Floyd HiDefDrum レビュー(第一印象)

AUGM/Apple User Group Meeting 宮崎の会場で、フォーカルポイントコンピュータの恩田さんに全モデル試聴させて貰ったAtomic Floydイヤホン。
気がつけば、ワタシを含め、少なくないMacユーザーが買っていたのは、氏のプレゼンテーションが巧みだったからではなく(いや、恩田さんのプレゼンは上手いけどさ)、製品そのものの魅力だろう。

Hidefdrum_01

なにしろ、今回のAUGM宮崎は大学で行った関係らしく、会場で物販が出来ない。
ゆえにその場のノリというかテンションでお持ち帰り・・・って効果は働かず、家に帰ってオンライン等で注文するという「頭を冷やす」時間が挿入されるのだから皆、冷静に迷った(?)はずだ。
前回書いたように、同じドライバユニットのモデルでも明らかに音の傾向が異なるので迷ったが。。

Hidefdrum_02

iPhoneでの使用となると、やはりリモコン/マイク付きのHiDefDrum。
参加者の多くが同じ事を考えたかどうかは分からないが、twitter等での購入報告をみると圧倒的にHiDefDrumを選ぶ人が多いみたい。
音としてはAirJaxにも惹かれたんだけど

Hidefdrum_03

音もさることながら、やはりこの質感に惹かれたのも事実。
ステンレスの筐体と独特のケーブル。

Hidefdrum_05

音に関してはワタシは偉そうに語れる耳を持ってないのだけど(おいおい)、非常に優れた解像感に驚く。
ただ、会場で試聴したときは、もっと音が太く前に出ていた印象があるので、現在はエージングのつもりで使ってる。後日、改めて書くかも。

Hidefdrum_06

ジャック部も含めて作りの良さは半端ではない。
抜き差しするだけで、モノとしての良さを感じるのが嬉しい。
そりゃ高価いイヤホンだけどさ。でも、価格に見合った、あるいはそれ以上の価値を感じるのも確か。

Hidefdrum_07

リモコンユニットの上面にあいた小さな穴がマイク(だと思う)

Hidefdrum_08

もうひとつ魅力的なのが付属のキャリングポーチ。
内張の赤い革製ポーチは

Hidefdrum_09

ユニット部を入れて、ケーブルを巻くとこんな感じに

Hidefdrum_10

iPhoneとのサイズ感はこんな感じ。
当分、手放せないイヤホンになりそう。

–ads–

高解像度のサウンドが楽しめるリモコンマイク付きの高解像度モニタリングカナル型イヤホン【☆1…< /a>

フォーカルポイント直営はここだが

【送料無料】★アトミックフロイド カナル型インナーイヤーヘッドホン (iPodマイク&リモコン)…
楽天最安値はここ(12/07現在)

Comment (1)
  1. KAKU より:

    このシリーズって遮音性の方はどうなんですか?それほど高くないのですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください