映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS WFT勉強会

ここで書いたように、ワタシの周囲にはWFT-E4ユーザーが(ワタシを含め)4人もいる(しかも全員Macユーザーなのは偶然?)。まあ、これを多いと言うかどうかはともかく、ニッチな機材ということもあって、皆、手を焼いているのが正直なトコロ。
恩田フランシス英樹さんのブログですでに触れられているが、その4人が集まってWFT勉強会が五反田の喫茶店で行われた(珈琲1杯900円もした(^_^;。

Wft_01

喫茶店のテーブルに、WFTを付けたEOSが並ぶ異様な光景。
ちなみに、この勉強会、今回、開催が夕方だったこともあわせ、WFT-E4ユーザーに限定して開催したが、本来はEOS 5D Mark II 友の会の分科会。
ご飯会の時はいっしょにやりましょうね>某巨漢の方々。

Wft_02

それはともかく、WFT-E4 IIは(写真はEOS 7D用のWFT-E5)

▼    ❑    FTP転送
    •    ❑    撮影画像を自動転送
    •    ❑    手動選択、手動転送も可能
▼    ❑    EOS Utility
    •    ❑    EOS Utilityからの無線/有線Lan経由での制御
▼    ❑    WFT server
    •    ❑    ブラウザからのリモート撮影
    •    ❑    カメラ内CFカードの閲覧、取り込み
▼    ❑    連動撮影
    •    ❑    複数台の対応EOS II連動撮影
▼    ❑    外部メディア接続
    •    ❑    USBメモリへの記録
    •    ❑    USB HDDへの記録
▼    ❑    GPS接続
    •    ❑    USB GPSの接続
    •    ❑    Blurtooth GPSの接続

の機能を持つが、我々はそのすべてをクリアできていない。
こいつの難しさは、うまくいかないとき、その原因が、無線Lanとの接続に関する部分なのか、操作間違いによるものなのか、判断しにくいこと。
さらに、無線Lanを介さず、直接EOS 5D Mark IIとMacをつなぐアドホックモードも存在するが、上記のすべてでそれが出来るかどうかも分からない。

Wft_03

勉強会は今後も開催される予定。
にしても、自分のネットワーク知識の乏しさを棚に上げて言えば、このWFTの難解さに、多くのカメラマンが途方に暮れているに違いないと思う。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください