映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R & RFレンズ ファームアップデート

EOS R5の発売日が発表された同じ日に、EOS RとRFレンズのファームウエアのアップデートが公開された。
EOS Rのファーム Ver.1.7.0は新型RFレンズ & エクステンダー対応とマルチファンクションバーの機能向上、新型バッテリーパック対応。

EOS R アップデート_01

たぶん、このEOS Rへの最後のアップデートだと思いながら作業。
マルチファンクションバーは当初、使いこなそうと試行錯誤したけれど、EOS 5の視線入力同様、1代限りで無くなると知ってからは使うのを止めたのでVer.1.6.0のままでも良かったのだけど。

EOS R アップデート_02

今月末にEOS R5の発売。ホントはEOS Rもサブ機に残したいところですが、この状況下ではその経済的余力はなく、もうしばらくでお別れです。
うーん、最後の稼働がオンライン授業のWEBカメラとして、というのも可哀想な気がする。

–Ads–

コメント (2)
  1. azumi より:

    はじめまして。
    ブログはいつもfeedlyのほうから拝見させていただいています。いつも、落ち着いた気持ちになれる文章なので、カメラ関係のブログでもとても好感が持てます。
    それで、ひとつご質問させていただいたいのですが、私もEOS R使っています(5D MarkⅣとの併用です)。
    ただ、用途が50mmや35mm等でのスナップがほとんどです(たまにですがEF85/1.4L ISも使いますが)。また動画はスマホ(iPhone)で撮る程度でカメラでは撮った記憶がないです。
    このような使用者はIBISや動画機能強化されたR5やR6は必至なのかどうか自分でも悩んでしまっています。35~50mmですとそれほどIBISも必要としないということもあってです。
    私はてっきりEOS Rの正常進化版のEOS R MarkⅡが出ると思っていましたし、Rがラインナップに残るとしたらEOS M等のラインナップからしますとあり得なくもないかなと思い、それまでは現状維持でいいのかどうか、そのあたり迷っているのですが、カメラ経験が豊富な方からするとこのような時はどうされるのか、ご意見をお聞き出来ればと思い唐突だと思いましたこのようなコメントをさせていただきました。
    すみません。自分のことばかりで。
    私も東京なのでコロナ等には気をつけていますが、運営者様もどうかそのあたりはご自愛くださいませ。
    では、失礼させていただきます。

  2. SAIKA より:

    そんな褒められると照れます(笑)年の功のテキストなので、まあ、のんびり読んで頂けると幸いです。
    EOS 5D Mark IVは5系のひとつの到達点で、自分も楽しみとしての写真機はそれで充分、という気もします。EOS Rはその意味では違う進化の系統を狙ったと個人的には思っていますが、R5ではコンサバに振り戻していますね。
    自分は動画としての用途も大きいので、R5へ行くのは必然と思っていますが、そうでないならEOS Rで実用上は充分とも感じます。ただ、EOS RとEOS 5D Mark IV、併用するとけっこう操作が戸惑いません?(笑)
    歳取ったせいか、操作言語の違うカメラを併用するのが難しいので(笑)R5でどうなるか、期待しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください