映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

データ転送5Gbpsなら文句なかったのになあ:CheeroのフレキシブルUSB-Cケーブル

自分のPC環境は、ほぼUSB-Cケーブルに集約できた。もっとも端子形状がUSB-Cでも、通る信号がThunderbolt3だったりUSB 2.0だったり3.0だったり3.1 Gen2だったり、PD対応だったり、でなかったりと、混乱は相変わらずではあるのだけど。そしてここにiPhoneとiPadが加わるとLightningという混乱要因が・・というのもあるけれど。
そんななか、チーロから発売されたcheero Type-C to Type-C Smart Flexible Cableが、ユニークで楽しかったので紹介。

cheero Smart Flexible Cable_01

cheero Type-C to Type-C Smart Flexible Cable、短いUSB-C to Cケーブルで、硬質なのに曲げたり捻ったりが自在というモノ。
リリースに先行してティ・アール・エイ株式会社より評価用サンプルを提供頂き、2週間ほどまえから試用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。https://mono-logue.studio/3394

cheero Smart Flexible Cable_02

USB-C充電は、カメラやイヤホン、その他の小型デバイスに普及し、鞄に常時入れておくようになったので、こういう短いケーブルは嬉しい。

cheero Smart Flexible Cable_03

14cm弱(公称13.5cm)のフレキシブルケーブル
ただし、20V/5A(100W)まで通電可能なケーブルだけど、データ転送はUSB 2.0クラスの480Mbpsまで。これは実用上は緊急時に遅いけどデータ転送はできる。というクラスの速度です。

cheero Smart Flexible Cable_04

こんなことや

cheero Smart Flexible Cable_05

こんなことも出来て

cheero Smart Flexible Cable_06

デバイス充電にもってこいなのだけど、USB-C to Cしかない(USB-C to Lightningはない)ので、iPhoneでは使えないのがなんとも

cheero Smart Flexible Cable_07

Androidだとこういう事が出来ていいなあ。

cheero Smart Flexible Cable_08

のでワタシの環境ではデジカメ用のケーブルとして使っています。充電用として。前述のようにデータ転送はUSB 2.0クラスの480Mbpsなので高解像度化が進むデジタルカメラの写真転送には力不足。10Gbps(USB 3.1 Gen2)とは言わないけれど、5Gbps(3.0)あれば文句なかったのになあ。

cheero Smart Flexible Cable_09

ちなみにEOS R5と(同じチーロの)cheero Power Mountain mini 30000mAhの組み合わせだと、給電駆動も可能でした。

cheero Smart Flexible Cable_10

EOS R5の電源がオンなのに、チャージ中アイコンが表示されているのに注目。
ラインアップ拡充の際は、Lightning版とデータ転送高速版を検討くださると嬉しいです >ティ・アール・エイ株式会社さま

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください