映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

大容量でモバイル(も出来る)バッテリー:cheero Power Mountain mini 30000mAh

本来なら、お花見にバーベキューに、グループレジャーにぴったりな大容量モバイルバッテリー。と紹介したいところですが、週末に外出自粛要請の出る中、最適なシチュエーションを訴求しにくい新商品がチーロから本日リリース。
30000mAhの大容量に3つのUSBポートとワイヤレス充電ポートをもつモバイル?バッテリー cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)のサンプル品を使ってみました。

cheero_30000mAh_01

リリースに先行してティ・アール・エイ株式会社よりcheero Power Mountain mini 30000mAhの評価用サンプルを提供頂き、先週から試用しています。それ以外の利益供与はありません。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。https://mono-logue.studio/3394

このカタチ・・と既視感を覚えたひとも居ると思います。チーロが以前出した大容量のモバイルバッテリー、cheero Power Mountain 50000mAh(CHE-086)によく似ています。
あの製品を少しコンパクトにサイズダウンし、容量を抑制(50000mAh→30000mAh)した分、重量を軽く(860g→602g)にしてワイヤレス充電機能を搭載した新型。
いわばデストロイドモンスターとケーニッヒモンスターみたいなもの(分かりにくい?)。

cheero_30000mAh_03

左が素の本体。右が端子部を保護する防滴カバーとiPhoneやスマホを置くデバイススタンドを装着した状態。

cheero_30000mAh_02

防滴カバーは防水を意味するものではないけれど、飛び跳ねた水や飲み物、食べ物には有効で、まさにお花見用アーマードパーツだったのですが。

cheero_30000mAh_04

防滴カバーを装着していても各ポートはUSBケーブル接続、使用が可能です。

cheero_30000mAh_05

3000mAhの大容量を活かしてライトも搭載しているので、災害時の持ち出し用バッテリーとしても有効でしょう。

cheero_30000mAh_06

着脱式のデバイススタンドを使い、iPhoneやiPad、Android等を保持、かつ、ワイヤレス充電対応機なら使いながらチャージも可能。

cheero_30000mAh_07

自分の環境では
・裸のiPhone Xs Max ◎
n.max.nの革ケース ○ (位置を上手く合わせるとOK、ズレてるとNG)
RAKUNIの革ケース △ (フラップを開いて被せるように置くとOK、通常状態ではNG)

cheero_30000mAh_08

1%刻みのインジケーターはなかなか減りません(笑)
約600gの重さは普段持ち歩くモバイルバッテリーとしてはヘビーすぎると思いますが、普段はデスクトップに、非常時に現場に進出するバッテリーとしてはかなり◎。(そのあたりもモンスターらしい)

cheero_30000mAh_09

付属品はほかにUSB-C to C のケーブル。
充電用ケーブルとなっていますが、USB-C SSDを繋いでみたところ、データ転送も可能で、速度も5Gbps程度出ている印象です。ちょっぴり得した印象です。

cheero_30000mAh_10

という訳で、お花見等、これが活躍するシチュエーションが軒並み自粛ムードという状況下ですが、キッチンに、デスクトップに、屋外レジャーに好適なモバイル(?)バッテリーではあります。
ワタシの書斎は玄関に一番近い部屋なので、デスクトップでiPhoneスタンドとして使いつつ、イザという災害時にそのままバックに放り込んでいく運用イメージでしょうか。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください