映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EF100mm F2.8L MACRO 被弾

先日書いたように、あの地震が発生したとき、EOS 5D Mark IIはEF100mm F2.8L マクロをマウントした状態で、エレクターの機材棚に駐機していた。

Vf1_1

♪マクロの空を つらぬいて〜
って元ネタをリアルタイムで見た世代は四十代か。
空母の甲板から滑り落ちる艦載機のように宙を舞ったEOS 5D Mark IIは、見た目に損傷はなく、撮影も普通に可能だが、精度が維持されているかは不安が残る。

Vf1_2

EF100mm F2.8L MACROは鏡筒に小さなクラック。駆動範囲スイッチがやや固くなった以外は一応駆動するが、これは入院が必要だろう。
キヤノンは昨日付けで被災したキヤノン製品の特別修理対応(半額)を発表したが、東京は対象地域外。まあ、仕方ないよね。

Vf1_3

それより一応動くこのカメラ、レンズをいつのタイミングで修理に出すか、ではある。当分混み合っているはずだし、被災地の方を優先したいとも思う(本当に困ってるひとはカメラの修理どころでは無いとは思います。それを思うと胸が痛いが、何も出来ない自分が心痛めて立ち止まってるのはただの自己満足だろうから、自分は動きます)、とはいえ、現状の状態でシビアな検証はできない。
難しいところだなー。
キヤノンも宇都宮工場が被災したと聞く。宇都宮ってワタシの記憶ではレンズ工場だったはず。いろいろ、影響が出そうな2011年度になりそうだ。

–ads–

Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください