映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

コカコーラの125周年記念ヘリテージボトル

コンビニに行ったら、なにやらラベルもナイ黒い瓶があって、コカコーラ 125周年記念ヘリテージボトル、とあったので買ってみた。

Coca_cola_heritage_01

家で見ても本当にただのガラス瓶で、日本語表記がない。(実際はスクリューキャップの横にはある)
日本コカ・コーラのHPで検索しても、それらしい商品の案内は出てこない。
ググったら、コミュニティ・ストアのお薦め商品、と、個人サイトのコーラ白書が見つかり、大まかな概要が分かった。

Coca_cola_heritage_02

写真はコミュニティ・ストアの商品案内から。URLから明らかに内容が差し替わるのでスクリーンショットとして引用転載させていただいた。

・コカコーラ125周年の記念商品らしいこと(んじゃプレスリリース等ないのは何故?)
・ヘリテージ(Heritage:遺産)ボトルと表記してる店と、ハッチンソンスタイルボトルと表記してる店があること
・1899年当時使用されていた、ハッチンソンスタイルボトルを復刻しているらしいこと
・ボトルのエンボスは当時の「PROPERTY OF Coca-Cola」(コカコーラの所有)であること

Coca_cola_heritage_03

Coca_cola_heritage_04

キャップは当時と異なり、金属製のスクリューキャップ。
この意匠でかろうじてコカコーラ125周年の記念製品だと分かる。

Coca_cola_heritage_05

瓶のエンボスまで当時のものとは凝っているが、瓶そのものも当時に近いのだろうか?グラマラスなコカコーラボトルに較べ、ひじょうに薄い。
軽くぶつけたら割れそうだ。

Coca_cola_heritage_06

ガラスが薄いためか、それとも当時はこういう味だったのか、コーラそのものの炭酸も薄く、なんか気の抜けた味わいである。
まあ、ボトルにお金を払うつもりでどうぞ。
このボトルがずらっと並んだら、カッコイイと思う(笑)。
–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください