映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

1/500 沖田艦とゆきかぜ

たまたま見つけた、というかamazonにお薦めしてもらったのだが、すごくイイ感じの1/500スケール 沖田艦とゆきかぜが出た。

Yamato_01

太陽系連邦軍 旧地球連邦 宇宙防衛連合艦隊 艦隊旗艦
製品紹介ページ

Yamato_02

太陽系連邦軍 旧地球連邦 宇宙防衛連合艦隊 ミサイル護衛艦

ファインモールドという豊橋のモデルメーカーの松本零士メカニクルユニバースシリーズの第一弾、第二弾。
このマイナーな模型メーカーの志はなかなかだし、フランカー用ピトー管なんてマニアックな製品も作っているのが素敵だ。

Yamato_03

ボックスアートもイイ感じ。

Yamato_04

1/500スケールで、それぞれ18.5cmと13.7cmとテーブルトップにほどよいサイズだし値段も手頃。
ただ、もうプラモを作ってる時間はないんだよなあ、悔しい。完成モデル欲しい。

このプラモデル、松本零士氏が、アニメ製作に関わる以前より創作してきた様々なメカを立体化するシリーズと謳い、太陽系連邦軍 旧地球連邦 宇宙防衛連合艦隊 艦隊旗艦とか太陽系連邦軍 旧地球連邦 宇宙防衛連合艦隊 ミサイル護衛艦とか書きつつも、沖田艦でもゆきかぜ、でもないのは版権上の問題なんだろうか。

Yamato_05

手元にあるスタジオぬえ メカニックデザインブック 宇宙戦艦編(バンダイ:絶版)によると、両者はデザイン原案 松本零士になっている。

Yamato_06

Yamato_07

まあ、この時代、アニメのメカデザインが独立してビジネスになるとは認識されなかったんだろうなあ。
–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください