映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

デジカメ写真のバックアップとしてのHDD考

前回書いたように、最新デジタル一眼レフを筆頭にデジカメ写真の容量は大きくなるばかり。もちろん、Macの内蔵HDDも大きくなってはいるが、それでもHDDの空き容量は必ず限界がやってくる。

5d3_1664

ワタシはいまだ8Gや16Gが中心で60MB/sと45MB/sが混在しているが、徐々に大きくなっていくのだろう。EOS 5D Mark IIではあまりカードのレスポンスが問題になることは無かったが、5D Mk.IIIはありそうだし。

ワタシの環境で写真、動画を扱うときは、
Mac Proの内蔵RAID(6TB)をメインに、夜中に自動バックアップでDrobo(8TB)という流れだが、課題はアーカイブ的バックアップ。
以前はDVD-Rに焼いていたが、前述のように巨大化する写真データの前にDVDはもはや小さい。BD-Rもあるが、先日の撮影は仕事ということもあって総容量は60GBを越えている。

手っ取り早いのは外付けHDDだ。
タイ洪水の影響で供給が少なく高値だったHDDも落ち着きつつあるものの、いまだベアドライブより外付けUSB型のほうが安かったりする・・。
amazonで1万円台(つまり11,000円まで)で検索すると何機種かでてくるが、このなかでワタシが使ったことがある(似たシリーズ含む)では

・LaCie minimus 2TB(実家のバックアップ用にHDDを買った
・Logitec LHD-EN2000U2W(使ったのは凜シリーズだけど
・Western Digital My Book Essential 2TB(持ってるのはFireWire版

MacなワタシはFireWire派だけど、まあ、アーカイブ用途は遅くてもいいか、と思う。

問題は、何ヶ月、何年か後に、電源入れたら立ち上がらないとか、ドライブがやられてた、とかの心配で・・・
定期的に起動とドライブテスト行ってくれるシステムないかなあ。。。(笑)

–ads–

2TBで11,000円以下の外付けHDD@amazon

サンディスクの8G以上のCFカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください