映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

K10Dグランプリパッケージ

K10Dがカメラグランプリ2007を受賞したのを記念して、ペンタックスが
K10D グランプリパッケージを出す。

Pentaxk10d

ダークブラウンな外装まで施して、単に記念パッケージじゃない限定モデル作っちゃうあたりは、よほど嬉しかったのか?
たしかにK10Dって、良くできたカメラだと思う。
レンズ資産という縛りがなかったら、かなりそそられたであろう内容だし、事実、知り合いからデジタル一眼レフの相談受けたら、さいしょに薦めるカメラだったりする。

このグランプリパッケージも、特別仕様ボディ、特別仕様バッテリーグリップに、専用の革ストラップがついて、通常のボディとバッテリーグリップの合計金額と同じ(ヨドバシ価格で比較した場合)で、お得感もある。

んでもさ、ダークブラウン外装はいい。いい感じのプレミアム感があろう。
革製ストラップも記念としちゃいいだろ。
PENTAXロゴがゴールド・・・っては微妙なんだけど・・・・ダメ押しは、背面液晶下に金色に輝くCAMERA GRANDPRIX 2007のロゴタイプ。

う〜ん、これがいいんだよねえ、ってユーザー、どのくらい居るんだろう。。

–Ads–

【5】PENTAX K10D グランプリパッケージ《7月中旬発売予定》

コメント (2)
  1. むりむり より:

    まあいないでしょうね〜・・・
    ほよどの信者でも恥ずかしくて・・・・
    私はK10Dを発売日に買ったのですが、このデザインだったら買わなかったと思います。
    茶色も金色も、絶〜対〜に有り得ません!!

  2. SAIKA より:

    あ、K10Dユーザーだったんですね
    そう、ユーザー心理とメーカー心理は違うんですねえ、往々にして。。。
    もっと別のプレミアム感の出し方があると思う。うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください