映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

プラナーとディスタゴンの50m/55mm

カール ツァイスがDistagon 1.4/55の開発を発表したらしい。
Carl Zeiss公式リリース デジカメWatch記事

Pi_00812012_highend_slr_lens622x414

写真は公式リリースより転載

ツァイスってすでにPlanar 50mm f1.4を出していて、クマデジタルさんが清水の舞台から巨軀を踊らせながら飛び降りて買っているし、ワタシの大学の同僚である丸山先生も確か持っている。
それとほぼ同じ焦点距離、同じ開放F値でありながら、フィルター径はPlanar 50mmが58mmに対してDistagon 55mmは82mm。
え?82mm?単焦点レンズで?

3802457201_0854c4d793_o

ワタシの持ってるEF50mm F1.2L(写真は借りもの時代)やEF85mm F1.2Lでもフィルター径は72mmなのに。(あ、シグマの50mm F1.4や85mm F1.4が77mmですね)

いや、まあ、ツアイスなんてのは妥協しないのがレゾンデートルなんだろうし、この巨大なレンズ(重さはどのくらいになるのやら)ならではの描写に惚れる人もいるのだろうからいいんだけど、それならCN-E85mm T1.3 L Fを使ってみたいなあと思ったり。

どこか比較作例やってくれないかなあ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください