映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

G-TEAMアンバサダーになりました

初めて買ったMac(Macintosh IIcx)のHDDはSONY製だった(のちにリコールになった)。初めて買った外付けHDDの搭載ドライブはクアンタムだった。どちらもいまではHDDは製造していない(よね?)
Macを、というか、コンピュータを使う目的の7割が映像や写真のハンドリングであるワタシにとって、ワークストレージ(現状ではほぼイコールでHDDのことだ)の容量と速度(そして価格)は昔から重要なテーマだ。

様々なメーカー、製品を使うなかで、個人的に最も長くつきあっているのが、G-Technologyのドライブ。(このあたりのHDD変遷記はちょうど2年前に書いていた

G-TEAM_01

うちにあるG-Tech製品各種。何年もの違いがあるのだけど、ボディの傷以外は、リアの端子見ないと違いが分からないほど、変わらないデザイン。

Mac Proと並べて違和感のない(というよりMac Proと共通性をもたせた)デザインは、信頼性を兼ね備えた名デザインだと思ってる。

G-TEAM_02

などと、個人的に支持していたら、そのG-Technologyよりコンタクトがあって、幾度かのやりとり、打合せの上で、G-TEAMアンバサダー になりました。

G-TEAMアンバサダーってなに?っていえば、G-Technology製品の愛用者で写真、映像業界で活躍し、かつソーシャルメディア系で情報発信を行っているユーザーのなかで、G-Technology社が認定したモデルユーザー(?)。
メーカーとユーザーの間をつなぐ存在を意図して、情報発信やイベント、セミナーを行うチームで、すでに去年から存在する欧米では、Vincent LaforetやAlex Buonoといった雲の上の人々が活動中。(英語の紹介ページ

G-TEAM_03

その日本最初のひとりに選んでいただきました(FacebookのG-Technologyページ)。なにかの間違いかも知れませんが、間違えたのはHGSTの方なのでワタシのせいではありません(笑)
Vincent Laforetと並べていただくのはバチが当たりそうですが・・

G-TEAM_04

なお、G-TEAMアンバサダーになっても、G-Tech製品を手放しで宣伝する義務はありません。あくまでヘビーユーザーの代表として、G-Tech製品を使い、情報発信をすることを期待されているので、その過程で厳しいことを書くことも起こるかも知れません。

G-Technology(HGST)が偉いなあと思うのは、提灯応援団を望んでいないこと、そして、他社製品を個人的に使うのも構わないこと。
ので、mono-logueでは、変わらぬスタンスで、いいものは良かった。良くないモノは、「どこがどう」良くなかったと感じたのか、を丁寧に語っていきたいと思います。

まずはご挨拶まで。

G-TEAM_05

写真は記念に送られてきたG-TEAMジャケット

–ads–

G-RAID with Thunderbolt 8000GB NA
G-Technology
売り上げランキング: 6,046
コメント (3)
  1. macchan より:

    アナハイム正規分析担当への御昇格…おめでとうございます。
    いつも、私の商品選択の基準にさせて頂いておりますm(__)m
    今後も、忌憚のない製品レビューを期待しております。

  2. おめでとうございます。
    これからも忌憚のないレビューを楽しみにしています(^^)

  3. SAIKA KAZUHIKO より:

    ありがとうございます。
    基本、気に入ったものしか取り上げないので(笑)褒めてることの多い、mono-logueですが、是々非々、な視点は大事にもっていたく思います。
    それを支持いただけるから、読者の皆さんや、メーカーの双方から、それなりに信頼いただいているのだと勝手に思っています。
    今後ともどうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください