映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R5を買ってちょうど1年。

mixiは完全な日記だったけれど、いまはアカウントだけ残る廃墟。Facebookはたまに日記的な使い方してるけれど、節目な出来事はもう少し書いておくべきと思った。
ちょうど1年前の2020年7月30日、EOS R5を買っていました

その3日前にEOS Rを売却していましたね。EOS Rを買ったのは2018年10月25日の記録があるので1年9か月。ワタシのカメラの中では最も短い保有期間のカメラでしたが、その分、購入金額と売却金額の差は6万円。C/Pは高いカメラとなりました。
EOS R5と同時にバッテリーグリップ BG-R10も購入していますが、これは予想に反して使用率が低いです・・・_| ̄|○ まあ、コロナ禍でポートレート撮影もぜんぜん出来ていないからってこともあるのですが。

代わりにEOS R5用に買ったアクセサリーで良かったモノが、このLプレート。
RRS (Really Right Stuff) EOS R5/R6用 Lプレート

L字プレートの中では図抜けて高価いRRSですが、その分、造りの精度と安定感は抜群です。とはいえ、安いXX製はともかく、もうちょっと名の通ったブランドの製品ならそこそこちゃんとしてると思うので、ここはRRSという信頼感に釣られて、と言ったところでしょうか。
(発売も速かったし。たぶん、銀一さんに入った国内流通ファーストロットだったと思う)

なにより縦位置撮影時に、軽いレンズなら自立するのが◎です。ええ。

という訳で、世の中はEOS R3の正式発表がカウントダウン状態ですが、ワタシにはEOS R5が「適正機材」だろうと思っています。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください