映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R5、R6 縦位置/バッテリーグリップ:BG-R10

昔は縦位置グリップが付いてる方がカッコイイと思ってた。ので、EOS 5(フィルムカメラの方ね)以降、メインカメラには縦位置グリップ(バッテリーグリップ)を付けていた。けれど、EOS-1DCとEOS 5D Mark IIIを併用していた頃、5Dはコンパクトに運用したくてバッテリーグリップを知人に譲った。それ以来、バッテリーグリップは買っていない。(あ、OM-D E-M5 Mark IIには縦位置グリップ買っていたけど)
なのに、EOS R5(EOS R6も共通)のバッテリーグリップ  BG-R10を買いました。

BG-R10_10

ガンダムがGファイターになったような印象。EOS R5とEOS R6は外観が違うのに、底面は同じ意匠にしてバッテリーグリップはBG-R10を共有する。

BG-R10_11

バッテリーグリップの名の通り、バッテリー容量は2倍になるが、重量はBG-R10だけで約350g増加。バッテリーを2つ搭載すると、総重量(使用時重量)は1170gに迫る。重いよね。まあ、EOS R5と引換に手放したEOS-1D X Mark IIよりは軽量化してるけれど、それでも重い。

BG-R10_12

バッテリー倍増とともに縦位置シャッターボタンに縦位置メインダイアル。

BG-R10_13

背面のサブダイヤルが追加される。
けれど、そのために買ったと言うよりは

BG-R10_14

バッテリーグリップにはビデオボス穴がある、というのが大きいのです。これがあるとないとでは、ビデオ雲台での使用感がかなり違う。

BG-R10_16

バッテリーはLP-E6NH、LP-E6N、LP-E6に対応。ただし、BG-R10内での充電に対応するのはLP-E6NH、LP-E6Nのみ。その場合も注意が必要(後述)

BG-R10_15

充電はEOS R5のUSB-C端子から行います。

BG-R10_17

充電はバッテリーが2つ入っていても片方ずつの順次充電。充電中はBG-R10のLEDが光ります。EOS R5本体のLEDは光りません。

BG-R10_18

で、注意ポイントがこれ。
LP-E6は充電出来ない、だけでなく、LP-E6が混ざっていると、LP-E6NH、LP-E6N、も充電出来なくなります(安全回路?)
ので、USB充電をメインで使っている場合は注意が必要。

BG-R10_20

そしてDCカプラ DR-E6使用時も同様で、(EOS R5背面から見て)右スロットにLP-E6NH、LP-E6N、を入れても充電はできません。

BG-R10_21

この辺はマニュアルに書いてありますが、けっこう気がつかないもの。

BG-R10_19

さらに、DCカプラ DR-E6を左スロットに装着、右スロットにLP-E6NH、LP-E6Nを入れた状態ではUSB充電が出来ないだけで無く、DCカプラ DR-E6をAC電源から抜くと、右スロットにバッテリーが入っていてもEOS R5は電源が入りません(安全回路?)
備忘録的にメモ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください