映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ソニーの渾身と原点は・・・ SONY α7.α7R

10年に一度という暴風雨が東京を襲った日、ソニーから新しい一眼(レフはつかない)がリリースされた。
NEXの名をわずか3年半で捨て、「α」に統合。その一方でマウントはEマウント。おそらくAマウントは緩やかにフェードアウトしていくのではないかと思うと、ソニーの執行役員、本部長の石塚氏が発表会で言う「渾身の製品」というのも嘘ではないだろう。

デジカメWatchにある石塚氏の言葉「今回は『原点』の35mmフルサイズをやろうと開発した」
原点、って言葉の意味や、その位置は、それぞれ考えもあるだろうし、この言葉はフォーマットの話への回答だとは思うが、既存のNEX路線をどう見ているのか、興味深い。

ただ、原点はいいけど、このデザインは原点回帰というよりは懐古趣味じゃないかなあ。

Sony_7r_01

左がα7R、右がα99。
好き嫌いはあれど、どっちが未来を向いているか、は明らかな気がする。
ソニーのαは、ルイジコラーニの系譜を受け継いでいるようで好きだったんだけどなあ。

これが縦位置グリップを付けるとなお、強調されて

Sony_7r_02

このフォルム、面取りの仕方、は、往年のニコン F3p MDキヤノン F-1 MDを彷彿とさせる。
これ、確信犯だよね。
そして、このフォルムにぐっとくる層をターゲットにしているのだとしたら、ソニーの渾身ってそういうことなの?とも思っちゃうのだ。

いや、中身は面白そうで、機会があればぜひ使ってみたいとも思う。
でも、デザインって、売るための外装じゃなくて、精神が形になったもの(by アナベル・ガトー)だと思うんだよね

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください