映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

シネマティックモード対応のFinal Cut ProだけどBig Surではまだ

新型MacBook Proと共に、Final Cut Proがアップデート。Ver.10.6に。
M1 Pro/M1 Max搭載のMacBook ProではMac Pro 2019を超える(?)パフォーマンスを見せるらしい。というか、M1 Pro/M1 Max のアドバンテージをフルに活かせるのって、現状、ヘビーな映像編集くらいなので、そこが前面に出すぎてる部分はあるけど。

で、Final Cut Pro 10.6の新機能は「iPhone 13 Proのシネマティックモード対応」「オブジェクト・トラッカー搭載」のふたつだけど、シネマティックモード素材の編集はmacOS Montereyが必要。新型MacBook ProはmacOS Monterey搭載で出荷なので、一般公開もあと数日と思うけれど、少なくとも現時点でのmacOS Big Surでは試すことが出来ません。(写真はイメージです)

もうひとつのオブジェクト・トラッカーは使えます。どんな可能性があるのか、どんな表現が可能になるのか、ちょっと試行錯誤してみましょう。

先週、発売した Final Cut Pro 実践講座 Rebootは残念ながら、これらふたつの新機能の解説はありません。あぶなく本の初版発行時に最新のFinal Cut Pro じゃなくなるところでした。
この新機能については、mono-logueでフォローしないとですね・・ただ、iPhone 13 Pro 買ってないんですよね・・・_| ̄|○

–Ads–

Final Cut Pro 実践講座 Reboot (速読・速解シリーズ 20)

Final Cut Pro 実践講座 Reboot (速読・速解シリーズ 20)

斎賀 和彦, 高田 昌裕
3,300円(05/19 23:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください