映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

学生がMacを買うなら現在。「Appleと一緒に新学期を始めよう」キャンペーン

クマデジタルさんがM1 iMacを発注されています(おめでとうございます)。「Appleと一緒に新学期を始めよう」キャンペーンを待ってのアクション。対象者の場合、1年で最も安価にMacが買えるタイミングです(厳密にはキャッシュバックじゃなくギフトカードなので安く買える訳ではないのですが)。

ちなみにこの「Appleと一緒に新学期を始めよう」キャンペーン。
>対象のMacかiPadを買うと、新しいApple Gift Cardがもらえます。
とあるのに、対象製品一覧表がない(笑)ですよね?
バナーから見ると
MacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac Pro 2019、Mac mini
で現行全機種対象ですが、iPadは
iPad Pro、iPad Airのみ? 詳しく見ていないけれど、iPadの場合は注意が必要かも知れません。

で、個人的には、ぜひこのオプションを追加するのがお薦め

学生・教職員向けPro Appバンドル(2.4万円)
Final Cut Proだけでも単体で36,800円なのに、Logic Pro 24,000円に Motion、Compressor  ともに6,100 円。MainStage 3,680円がセットバンドル。
これはApple IDが同じならMacを買い換えてもずっと有効な永続ライセンスなので(しかもアップルは一度もアップグレード料金を取っていない<FCP7からFCPXを別にすれば)これは買わないと勿体ないです。そこ、DaVinci Resolveなら無償版が・・とか言わない。

あ、ちなみに「Appleと一緒に新学期を始めよう」ってキャンペーンタイトルから誤解しやすいけれど、もう新学期を迎えない大学4年生にも好適なキャンペーンです。「現在」対象学生もしくは4月から対象学生になるひとが対象のキャンペーンなので、もうすぐ卒業して社会人になる4年次生も堂々と「アカデミック価格」かつ「1.8万円ギフトカード」の恩恵に与れるので狙い目です。
同様の理由でAdobe CreativeCloudの年間ライセンスもお薦めですが。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください