映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

さらばAperture

噂というか、嫌な予感はしていたけれど、事実になってほしくないことだってある。

アップルが「Aperture」の開発を終了したとMACお宝鑑定団等が伝えている。
ApertureはRAW現像ソフトというだけでなく、大量の写真を管理、運用する能力を同時に持つ、統合アプリケーションだった。

Aperture

のちにアドビのLightroomが出て、Ver.3くらいからかなりよくなってApertureを脅かすのだけど、個人的にはAperture派だった。

いまでも、大量の写真のハンドリングはApertureが好き(でも、現像能力はLightroomにすでに負けていたと思う)。
で、Aperture、終息へ。
まあね、仕方ないし、Apertureの役割は終わったという言い方もできるんだけど、Shakeといい、Colorといい、このがっかり感はデジャブがあるんだよなあ。
「Final Cut Pro」「Logic Pro X」の開発は継続されていることを明らかにした
ってのも、かえって嫌な感じ(笑)

長崎 大村

AUGM長崎2014でお話するため、長崎空港近くの大村に来ています。
–ads–

Mastering Apple Aperture (English Edition)

Mastering Apple Aperture (English Edition)

Fitzgerald, Thomas
5,570円(07/22 13:37時点)
発売日: 2013/08/26
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください