映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ヤマト2199 星巡る方舟 と ランベア(コスモフリートスペシャル版)

前作(追憶の航海)が追憶の後悔だろ、と思う位(個人的に)ダメダメな出来だったので、非常に不安に駆られながら劇場に行った 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟。
個人的にはとても楽しめた。
(以下、レビューというか、感想。ネタバレありなので、ネタバレ嫌いな方はブラウザをお閉じくださいませ)

LAMBEA_01

ガイペロン級多層式航宙母艦(旧作で言う三段空母)ランベア
まあ、ポスターの段階からランベアとフォムト・バーガー少佐が出てくるのは分かっていた(たしかにバルグレイ等と異なり爆沈シーンはなかったけどさ)けど、ガルントまでなのは・・。

LAMBEA_02

ので、ランベアにガルントを載せてみた(ガルントはゲルバデス級ダロルドに同梱されていたもの)。このコスモフリートスペシャル版のランベア、手を入れていないのに、なんか星巡る方舟登場カットのように汚れているなあ(笑)

春に書いたように、この劇場作品は新作とは言え後日談ではなく、途中のお話し。
最初の設定も固定され、ラストに続く物語も固定され、何も足さない、何も引かない(新設定は入らない、誰も死なない)なかで、どこまで広がりのある物語が展開できるのか、かなり不安だったのは確か。

テレビの1話分、みたいに感じて不満だったひともかなり居るようだけど、個人的には面白かった。

予告編。(これですでにかなりのネタバレでは・・・)

ヤマトホテルの7日間で怨嗟が和らぐのか、それを見てジレル人は旅立ちを決意できるのかなどシナリオは少し乱暴に思うけれど、それでも差別主義的な部分を見せるバーガー少佐が主役を張る様はダンディ。

LAMBEA_03

そう、いまどき葉巻を吸う登場人物とか、時代錯誤的なセリフと合わせて、出渕監督はダンディズムな映画に仕上げていると思う。
もう、明らかにガミラスびいきだしね(笑)
ガミラス艦とヤマトが混成艦隊を組む描写は、分かっていても美しい。
ただ、火焔直撃砲の射線を解析してるなら、先に情報共有しようよ、そのせいでニルバレスと巡洋艦が沈んでるんだからさ、とは思った。

LAMBEA_04

そうそう、ジレル人の設定自体、松本零士色の強いものだけど、シャンブロウの名前には参った。
シャンブロウを含むノースウェスト・スミスシリーズのハヤカワ書房版「大宇宙の魔女」は、松本零士氏が表紙と挿絵を描いていたシリーズじゃん。
懐かしい。(中学生の頃のむかし、読んでた)
こういうさり気ない符合を含め、今回のヤマトは楽しい。

でも、これで終わりにしようね(さらば・・へは続かないでね、って意味で)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください