映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

等倍マクロってこんな小さくできるんだ?:LUMIX S 100mm F2.8 MACRO

パナソニックからLマウント用等倍マクロレンズ、LUMIX S 100mm F2.8 MACRO S-E100が発表された。で、これが小さくて軽いんですね。普段は自分の使わないマウントのカメラやレンズは、興味はあるけどあまり深掘りしないのですが、これは初見で驚きました。

ワタシの使っているRF100mm F2.8 L MACRO IS USMと並べるとこんな感じです。RF100mm F2.8 L はEF版(EF100mm F2.8Lマクロ IS USM)より大柄になったので、EF版と較べてもこんな感じ。ハーフマクロのRF35mm F1.8 MACRO IS STMよりも軽い。

いや、RFレンズを擁護すると(笑)RF100マクロは等倍じゃ無く1.4倍マクロだし、RF100もEF100もRF35もIS付きです。LUMIX S 100mm F2.8 MACROは手ブレ補正非搭載ですよね・・と別に無理にいう必要はないのですが、普段はEOSのIS機能にとっぷり浸かって、ISなしでは・・とか言っちゃうダメなワタシですら、こんな小さくて軽いなら、手ブレ補正なしでも・・・とか思っちゃう程度にはインパクトの強いレンズですね・・・。

そして作例写真を見たとき、作例のトーンが南雲さんっぽいなと思ったら、ホントに南雲暁彦さんだった。長く付き合っているとテイストとか美意識、というものが伝わるものですよね・・というより、作例写真であるけれど、同時に写真作品であることを放棄しようとしないのが南雲さんなんだよなあと再認識します。

13万円を超える価格は決して安くは無いけれど、昨今の製品価格帯を思うとリーズナブルな印象をもつくらい。ただ、製品仕様欄にある注釈
※1 〇この商品はお取扱い先を限定しております。〇一部店舗ではメーカー指定価格での販売となります。
って、どんな商流なんだろう・・?

RFマウントで出ていたら思わず買っちゃってたかも知れないと思うと、ホッとすべきとこかもですが、このサイズ感のマクロ、キヤノンでも欲しいですよねえ。
RF35mm F1.8は愛用しているけれど、どうしてもワイドゆえのパースが出るし、RF50mm F1.8はクオーターマクロ(マクロスクオーターじゃないっすよ)だし、RF85mm F2はちょっと大きいし。昔、EFにあった50mmハーフマクロみたいなレンズ、今でもあればいいのになあと思います。

–Ads–

Canon RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

Canon RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

180,940円(05/23 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
コメント (2)
  1. 愛読者 より:

    ※1 〇この商品はお取扱い先を限定しております。〇一部店舗ではメーカー指定価格での販売となります。
    ↓これですね。先日ヨドバシで高い洗濯機を買いましたが1ポイントも付きませんでした。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF112SS0R10C23A4000000/

    1. saika より:

      な、なるほど。パナがヤマダ電機まで巻き込んでそういう施策に打って出たのはしっていましたが、ルミックスもか・・・
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください