映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Keynoteで複数のスライドに渡ってBGMをつけるには?

Keynoteでスライドにオーディオファイルを貼ると、その1枚のスライドのみに有効で、スライドを切り替えると再生も止まりますよね
これ、複数ページにわたってオーディオ再生維持したいときは方法があるんでしょうか?

Keynote001

と悩んでFBにこぼしたら、
SimplismやNuAnsでノっているトリニティの星川さんからは、できるといいけど出来ない、と。
STAND BY ME ドラえもんで名作アニメの3D CG化への不安を一蹴してみせた白組の鈴木さんからは、PowerPointでできるらしいと情報を頂いたものの、Keynoteに馴染んじゃってるしなあ。

Keynote002

巨艦もとい巨漢な某氏からは、「書類」-「オーディオ」-「サウンドトラック」で全編通しのBGMは貼れるけど、特定区間だけしては出来ないと教えて頂いた。
そう、まさにやりたいのは(例えば)スライド3〜7を横断して音声ファイルを再生したい、ってことなんです。

Keynote003

実は、スライドを遷移させなければいいので、1枚のスライド上に必要な要素を多重に重ね、IN,OUTを繰り返すマルチレイヤー型の方法は思いついたのだけど、これ、どこからでもプレゼンを構築していけるノンリニア型?ソフトであるKeynoteの利点を否定するような力技なので、ちょっと・・・
(ってか、調整や修正がものすごく面倒になる)

こってりしたプレゼンは本来伝えるべきメッセージをくどくしてしまいがちなので、シンプルに回帰したKeynoteはキライじゃないのだけど、やれば(なんでも)出来る子、ではいて欲しいんだよなあ。わがままですかねえ

Keynote004

と言うわけで、明日になった渋谷ヒカリエでの東京カメラ部2015 トークイベントのプレゼン準備中なのでした(宣伝です。すみません)あと14時間くらいあるので大丈夫でしょう(笑)

そういえば、制作中のKeynoteファイルはiCloud Driveに置いて、自宅、出先MacBook Pro、大学のどこでも続き作業ができるようにしているのだけど、今朝、出勤前に保存したもののファイルを開きっぱなしにしてしまい、大学の昼休みや空き時間に継続作業、帰宅してMac Proをスリープから立ち上げた瞬間、開いているKeynoteに冷や汗。
このままセーブしたらiCloud Drive上のファイルを朝のもので上書きしてしまう、と青くなったのだが、なんと、開いているのは継続作業した最終段階のもの。

え?iCloud DriveのKeynoteって別のMacで開きっぱなしで放置されてるファイルもそのまま同期するの???凄いというか、コワイというか・・・。
という訳で、明日の午後一、ヒカリエでお待ちしています。

–ads–


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください