映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Gシリーズの完成?キヤノンPowerShot G3 X

CP+ 2015のキヤノンブースではほぼ完成に思える形で参考出品され、春か遅くともゴールデンウイークの旅行シーズンには発売されると思った Canon PowerShot G3 Xがやっと発表、発売。

Canon G3X

すごい高倍率・・とはいっても、倍率だけならズームパラダイスを名乗る(笑)PowerShot SXシリーズには光学65倍 21mm〜1365mm(35mm換算)のデストロイド・モンスター級の SX60 HSなどがある。
PowerShot G3Xのウリはやはり(比較的)大判の1inchセンサーを搭載した高画質かつ高倍率なプレミアムコンパクト、であること。

Powershot_g3_x_01

ただ、この公式プロモビデオを見れば分かるように、このサイズをコンデジと呼んでいいのかはちょっと微妙だと思うけど。
PowerShot G3 XのWEBサイトの解説
従来のGシリーズで採用してきた1/1.7型センサーと比較して、約2.7倍の広い受光面積を持つ1.0型・約2020万画素CMOSセンサーを搭載。
とあって、あれ?G1 X IIは1.5型、G3 Xは1型じゃんと思ったけれど、これは「従来のGシリーズ」ってのがミソで、G1X II、G3Xは「現在のGシリーズ」ここでいう「従来のGシリーズ」はPowerShot G12やG15を指すみたい。な、なるほど。

換算600mmという超望遠レンズと秒5.9コマの連写は飛行機撮りにも強そう。

Powershot_g3_x_02

どこまで書いていいのか微妙なので、思わせぶりに写真だけ引用。
でも、この秒5.9コマ。 ONE SHOT時とだけ書かれていて、JPEGのみなのか、JPEG + RAWでもOKなのかは書いていない。ここ、それなりに重要なとこだとおもうけど。

動画はオーソドックスに1920 X1080まで。ただし、マニュアルモード、5軸手ブレ補正、1080/60Pと、スペックだけなら通常型EOSを凌駕しているのがすごい。

旅ムービーは、これ1台で済むと言えば済みそう・・・
スタートだからということもあるけど、ヨドバシで約12万円か、さすがだ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください