映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CP+ 2016は会場がふたつ

もう今年も3週間を切ったというのは驚きだけど、年が明けたらもうCP+は目の前(?)
次回のCP+ 2016は、2月25日(木)から28日(日)まで昨年同様の4日間なんだけど・・

Cp_2016_01

なんと、会場がパシフィコ横浜と大さん橋ホールの2カ所に。
いや、たしかに拡充と言えば拡充だし、両方とも横浜のベイエリアには違いないんだけど、この両者、iPhoneケース展のホームグラウンドである(?)赤レンガ倉庫を挟んで、結構な距離がある。

Cp_2016_04

アクセスマップ見ると無料シャトルバスが運行されるらしいけれど、予定では30分に1本。徒歩22分と書いてあるけれど、この間を22分では少なくともワタシは歩けない・・・。
シャトルバスが、シャトル水上バス、なら状況も変わるだろうけど・・・。

大桟橋でやる御苗場は厳しいんじゃないかなあ。
毎年、御苗場は楽しみにしてはいるけれど、わざわざここまで距離のある別会場に行ってまで、と言われると微妙。
とはいえ、もう一般の部は定員になって受け付け終了らしい。

Cp_2016_02

近年はCP+にあわせて新製品発表、というほど、メーカーはそこにタイミングを絞ってはいないように思うけれど、ニコンはD5の開発を発表したからには実機お披露目もあり得るし、ニコンが出るなら、当然キヤノンもEOS-1D Xの後継機の開発は進んでいるはず。
CP+で実機観られるといいなあ。

Cp_2016_03

CP+は展示会ではあるけれど、メーカーのスタッフは開発のひとも多く出張ってきている。
生の声が聴けるし、届けることもできる機会なのでぜひ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください