映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

いまごろCCX Processトラブル

Mac Proの動作がもっさりし始めたのはこの1週間くらいだったか。最初の頃はネット遅いなあ・・・と誤解していたのだけど、なんで十数枚のPhotoshopのバッチ処理にこんなに待たされるのか???と怪訝に思い出した瞬間。

Adobe_update_01

アプリケーションメモリが足りないので開けません(だったかな?覚えていない)というアラートダイアログと共に、Bridgeが無反応に。
Bridgeで数枚のRAWファイルを選び、Photoshopで開こうとした瞬間の出来事だった。

Final Cut ProやAEも立ち上げてないし、メモリが足りないわけないじゃん、と思いながら、アクティビティモニタを開くと・・

Adobe_update_02

Bridgeが無反応になってた。
そしてCCX ProcessとCC Libraryが、それぞれ30数ギガと、実装メモリを上回るメモリ空間を占有。そりゃスワップもエラーになって落ちるというものだ、

【お知らせ】Creative Cloud デスクトップアプリケーションアップデート後のトラブルにつきまして(Adobe)
のトラブルは知っていたけど、うちでは発生していなかったので放置していた。
2ヶ月近くたって、症状発生。流行に疎いヤツのようです、うちのゴミ箱型Mac。

Creative Cloud デスクトップアプリをアンインストールして、修正版をインストール。

Adobe_update_03

無事に復旧。
ん?Bridgeが5GB近いメモリを喰ってるのはキャッシュだっけ?

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください