映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

新型インプレッサ サイトオープン

今年の秋に販売開始と言われていた新型インプレッサの公式サイトが今日(日付超えたので正しくは昨日)公開。
まだ詳細な情報も価格も出ていないが、現行型インプレッサのサイトに
平成28年7月24日(日)をもってインプレッサ SPORTの注文受付を終了いたしました。
の注意書きがなされ、事実上、新型の予約開始。

ミニバンからハッチバックに回帰し、ワタシにとって初のスバル車となった現行型インプレッサスポーツも遂に終了。

New_imprezza

並べてみると、全体のイメージは踏襲しつつ、イイ感じのリファイン。
寸法的には長さで4cm、幅3.5cm、高さで1.5cmと僅かに大型化。
あれ、今回は1600ccなしなのか。レヴォーグが1.6Lターボという手法をとったので、なんとなく1.6Lはあるもんだと思ってた。

そして新型インプレッサはEyeSight3 全車標準搭載に加え、「歩行者保護エアバッグ」も全車標準装備だという(CarWatch

EyeSightがアクティブ型の事故回避なら、エアバッグはパッシブ型の被害軽減。
で、歩行者保護エアバッグに踏み込むのも時代の流れだけど、インプレッサという中心車種に「全車標準装備」というのが凄いな。
ある意味で、とてもアクティブなセーフティアプローチだと思う。

あ、結局、最後まで現行型インプレッサのトミカは出なかったなあ(泣

–ads–

トミカ No.78 スバル レヴォーグ(箱)

コメント (1)
  1. 碧き流星 より:

    【スバル】安全性MAXな新型インプレッサ(日本仕様)登場
    SGP(スバル・グローバル・プラットホーム)を採用した新型インプレッサ(日本仕様)が発表されました。スバル初の歩行者エアバッグとアイサイトver3も全車搭載し、安全性MAXな車として登場。北米仕様よりも洗練されたデザインになっていていいですね。 □関連ページ 新型インプレッサ ティーザーサイト|SUBARU 富士重工業株式会社 ニュースリリース:スバル 新型「インプレッサ」(国内仕様車)を公開…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください