映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

新年のiPhoneケースはHybrid Shell for iPhone 7 Plusでスタート

iPhone 7 PlusはサイズこそiPhone 6/6s Plusと変わらなかったものの、カメラ部分が変わったせいで、それまで使っていたRAKUNIケースが使えなくなってしまった。

ので、新型iPhone 7 Plusのケースは今回、TUNEWEARのHybrid Shell for iPhone 7 Plusを付けてみた。

TUNEWEAR Hybrid Shell_01

左:裸のiPhone 7 Plus(ジェットブラック)
右:Hybrid Shell for iPhone 7 Plus

中央部(背面部)の透明な部分がポリカーボネイト、周囲の部分(バンパー部分)がTPUというハイブリッド構造のケース。

TUNEWEAR Hybrid Shell_02

ポリカーボネイト部分の透明度はとても高くて美しい(ただし・・後述)

TUNEWEAR Hybrid Shell_03

TPUのバンパー部の四隅に「エアクッション」機構が設けられている(製品説明)ので、落下時の耐衝撃性が高いとされています。
まだ落としたりぶつけたりはしていないので、そこは実体験していません。

TUNEWEAR Hybrid Shell_04

側面(バンパー部)が緩やかにアーク状になっていて、掴みやすいデザインが特徴(ただし、最近、この側面が凹んだ形状のiPhoneケースは良く見るので、この製品だけの特徴ではないと思います)。
そしてこの部分に凸部ドット加工がされていて、滑り止めの役目を持っています。
実際、TPUのしっとりとした素材感と合わせ、持った時の安定感はたしかにあるように思います。

TUNEWEAR Hybrid Shell_05

安価で質感、実用性に優れたコストパフォーマンスの高いiPhoneケースと思います。
が、背面の透明部。買った直後の透明感はとても高く美しいのですが、ガラスではなくポリカーボネイトなので使ううちに細かな擦り傷が入るのは致し方なく、使用開始後およそ3週間にして小さな擦り傷が入っています。
このあたりは割り切りが必要でしょう、ええ・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください