映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone X の写真、動画機能。

iPhone 8 そしてiPhone X が発表。
マーケティング上の理由か、そうでないかはともかく、Sナンバー飛ばして8へ。9も飛ばしてXへ。まあ、Final Cut Pro も FCP7の次はFCPXだったからなあ(そこ?)。
全体は多くのメディアやブログが書いてくれると思うので、新型iPhoneの写真と動画まわりだけ雑感。

Iphone_x_01

ワタシのiPhone 7 Plusとくらべると、iPhone 8はカメラ仕様が同じ(広角 f1.8 望遠 f2.8)だけど、iPhone Xは望遠が半段明るくて望遠側にも光学式手ぶれ補正。
当然、制御アルゴリズムも違うはずなので、仕様以上に画のクオリティが違う可能性あるなあと思います。

もっとも現状のiPhone 7 Plusで、条件が良ければなんの不満も無い

Fullsizerender

iPhone 7 Plus ポートレートモード
ので、普通に使う限りでは差が出ないと思います。それよりアングルや撮り方といった撮る人の差が大きく出る、まあ、当たり前の話に回帰していくんだと期待。
ポートレイトライティングもさることながら、スローシンクロも期待。暗所撮影時含め、iPhoneが苦手なシチュエーションはまだ多いので、そこに手を入れていくとトータルな満足度が大きいはず。

動画はついに4Kが60fpsに。
EOS-1D X Mark IIがやっと4K(DCIだけど)60Pで、EOS 5D Mark IVやα9、D850が30P止まりなのを思うと、いくらセンサーサイズが極小で有利なのをさしいても立派なもの。
そしてFHD(1920P)では240fpsの実現。
ここは個人的に使いでありそう。

Iphone_x_02

で、TrueDepthカメラシステムのために赤外線カメラと赤外線投光器を搭載したiPhone Xだけど、これ、そこだけ独立して制御できるアプリが出たら、むかし、ハンディカムからナイトショットモードが消えた事件が再発しそうな気がするんだけど。耐水だし・・・。
夜間、野生動物が近寄ったら自動で赤外線撮影はじめるアプリとかでたら、歓喜する研究者は多いと思いますが。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください