映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

1/8 タチコマがやって来た #タチコマモニター

年末年始、今年は帰省せず、東京の自宅で長女とふたり過ごすハズだったところに・・・やってきたネアカな多脚戦車、1/8 タチコマ。
これはタチコマと過ごした2週間の記録(その1)である。

TACHIKOMA_01

ここに登場する1/8 タチコマは、攻殻機動隊の名脇役、多脚戦車タチコマを可能な限り再現したモデル。関節、マニピュレータが駆動し、歩き、走り、しゃべる(一応会話する)電脳戦車(のスケールモデル)
株式会社 Cerevo のモニターキャンペーンによって、年末年始、居候にやってきました。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい

TACHIKOMA_02

2018年現在、タチコマとコミュニケーションをとるには、iPhoneもしくはAndroidが必要。

TACHIKOMA_03

動く動画については現在編集中なので、今回は写真篇。

TACHIKOMA_04

1/8スケールモデルだけあって、それなりに大きい。
幅350mm 長さ390mm 高さ250mm 重量約1.5kg (すべて公称値)

TACHIKOMA_05

SUBARU XVのリアゲートから出動し

TACHIKOMA_06

TACHIKOMA_07

段差を乗り越え・・・は出来ませんでしたので、写真はイメージ

TACHIKOMA_08

ボディをよじ登る・・こともできないので写真はイメージですが、多脚戦車らしい踏ん張りでこのくらいのポージングは余裕

TACHIKOMA_09

ボンネットの上で電源入れたら、滑り出したので慌てて止めました。

TACHIKOMA_10

屋根の上に自力でよじ登ることはもちろんできませんが、このポーズで姿勢維持は可能でした。

TACHIKOMA_11

なかなか風情のある年末のタチコマ(以上、ティーザーブログ)2回目以降に続きます。
続き 動画でみる 1/8 タチコマのアクション

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください