映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

FinePix F40fd 印象その2

先日、FinePix F40fd国内発表のエントリーを書いた中で、
FinePix F40fdのxD/SDのデュアルスロットについて

より薄く軽量にが求められる次期Zシリーズや、そうでなくてもコスト抑制の観点から、普及機でデュアルスロットが長続きするはずがない

と書いたんだけど、デジカメWatchの記事によれば
1スロットで両メディアの挿入が可能なスロット
つまりスロットがデュアルなんじゃなくて、デュアル対応のスロットなんですね。完全に誤解してました。

xDとSDって、そんな互換性の取りうる構造だったとは知らなかった。
わざわざ新しいスロットを開発したからには、その開発/生産コストを別にすれば、不利な部分は無いと思うので、フジは当分デュアル路線でいけそうか。
同じxD陣営のオリンパスにも新スロットを供給すれば、コンパクトデジカメのメディア統合が一気に進みそう。
後はソニーだが、どうする・・・・?

で、FinePix F40fdの製品写真見ていて、なんかリアがIXYくさいなあ、と思ったら

Cam

写真左から、FinePix F31fd、FinePix F40fd、Canon IXY 900IS

ズームレバーが(IXY風に)シャッターボタンと同軸に移動し、そこにモードセレクトダイヤルが付いたのと、モードアイコンをボタン上にプリントしたため、印象がIXYに近くなっちゃったんですね。

機能的にも、FinePix F31fdから絞り優先オート等がなくなった分、IXY的コンセプトに近づいたので、これもアリか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください