映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Blackmagic DeckLink HD Extreme

先週、Blackmagic DeckLink HD Extreme を返却
次号のビデオサロンでレポートを書いているので、詳細は書けませんが(すみません)写真とアウトラインを少々。

Decklink_hd_ex_01

DeckLink HD Extremeは1スロット(ただし、が付く:後述)の非圧縮キャプチャーカード。同名のモデルのモデルチェンジ版だ(名前が同じなのがややこしい)。

Decklink_hd_ex_02

カバー部に、HD-SDI3系統(入力1,出力2)と専用(?)の統合端子

Decklink_hd_ex_03

統合端子に同梱のケーブルを挿して、

・アナログコンポーネント、S-Video、のアナログビデオ入出力

・AES/EBUデジタルオーディオ/XLRアナログオーディオ入出力

に対応。ここまでは旧型DeckLink HD Extremeと同じ。

Decklink_hd_ex_04

新型DeckLink HD Extremeではカードの逆側にHDMIポートが2つあり

Decklink_hd_ex_05

それを付属のポートカバーつきHDMIケーブルで延長し

Decklink_hd_ex_06

HDMI入出力を実現しているのが大きな特徴。ちなみにHDMIエンベデットオーディオ対応。このため、カード自体は1スロットなのだが、実質2スロットを占有する。(装着時の写真)この辺は、もうちょっとやりようないかなあ。

Decklink_hd_ex_07

コンパネに並ぶ豊富な入力ソース設定。

Decklink_hd_ex_08

ある意味、旧型DeckLink HD Extremeに、同社のIntensityをアーマード装備したようなものだけど、同社のカードは2枚刺しNGの伝統が生きてるので、新型のアドバンテージは大きいのだ。

HDMIはIntensity同様、入力/出力が別れている。ソフト的に切換られたら便利なのにな。

ちなみに以前、コメントいただいていた温度の件ですが、やはりかなりの発熱。旧型を持ってるわけではないので、比較はできないが、たしかに最上段のX8スロットで運用するのは勇気が要る感じ。

常設でなく、評価時の3週間ほどだったので最上段に挿しましたが・・・

–ADs–

【送料無料】BlackmagicDesign DeckLink HD Extreme(3Gb/s SDI)

Comments (8)
  1. yamashita より:

    ビデオサロンって8月号ですか?
    楽しみにしています

  2. G25A より:

    初めましてこんにちは。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    私もこのカード気になっていたんですよ。8月号はもうでてるから9月号ですかね?>ビデオサロン
    買って読みたいと思います。

  3. SAIKA より:

    yamashitaさん はじめまして(ですよね)
    ええと、8月20日(だったかな)発売の9月号です。
    お盆進行だったので、すでに入稿済です〜

  4. SAIKA より:

    G25Aさん はじめまして
    ブログを拝見したら、わたしと非常に守備範囲のかぶるお方に見えました
    今後ともよろしくお願いいたします。

  5. tsukamoto より:

    サイカ様
    やはりでしたか〜。HDMI無し版ですが、かなりの熱量なので下段スロットに刺して最上位スロットのフタを空けてファンを増設し、強制排気してます。かなり悲惨な外見になってます(苦笑)。ファン停止でHDDが50〜54°、ファン稼働で48~50°と、規定範囲ぎりぎりです。内蔵RAIDには厳しいようですね。
    因に画像出力は、HD-SDIとHDMIの同時出力は選べないのでしょうか??SDIでマスモニ、HDMIで民生機出しの2系統出来ると便利そうですが。駄目ならコンポーネント〜D4端子でやるしかないのか??

  6. SAIKA より:

    tsukamotoさん 出来ます
    んじゃ、エントリーあげますね、しばしお待ち下さいませ

  7. tsukamoto より:

    忙しい所すいません。期待しております。
    MXO2も面白そうですね〜。

  8. SAIKA より:

    MXO2ちょっと欲しい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください