映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

AVID DS 10周年(InterBEE)

アップルのいないInterBEEでは、もうふたつのA社、すなわちAdobeとAvidが華やかなデモを繰り広げていたが、アビッドブースで知った。
DSが10周年だと。(それゆえ、バージョンも9をスキップしてVer.10になっていたw)

Ds_03

Ds_02

10年たっても基本のUIデザインが変わらない。あのアイコンや、ツリーも健在。

Avid DSはむかし、Softimage|DSと呼ばれ、ソフトイマージ製品だったのは知ってるヒトも多いが、10年前DS発表時、Softimageはマイクロソフトの100%子会社だったことを覚えている人は、もう少ないかも。

Ds_05

AvidでデモしていたのはシニアアプリケーションエンジニアのN岡さん。
マシンガントークはやや大人しくなっていたが、魅力的なデモンストレーションは相変わらず見事。

Ds_04

挨拶に寄って立ち話していたとき、戦友と呼ばれたのは照れくさく、嬉しかったなあ。
なにを隠そう(隠してないって)当時、ワタシはSoftimage|DSのデモンストレーターとして、InterBEEのマイクロソフト(ソフトイマージ)ブースに立っていた。

当時、DSの日本展開をいっしょにやったマイクロソフトやダイキン、ワタシのいた会社etcの混成部隊のなかで、いまもDSに関わっているのはN岡さんひとりだ。
MSにいたS山さん、ワタシの同僚でいっしょにアメリカ研修(大変だったなあ・・)に行ったMさんは、いまもマイミクで良くして貰ってる。

その後、DS絡みで深く絡むことになるH田さんやKさんも、いまだ連絡を取り合う関係。
そうやってみると、いろんなことがあった10年だったなあ、としみじみ。

Ds_06

そうそう、MSからAVIDに売られたSoftimageは、今年、さらにAutodeskに転売された。
DSはAvidに残るらしい。

ちょっと懐古的になってググったら、自分の載った記事が出てきて笑った。
あー、いい思い出も悪い思い出も、いっしょくたになってるものだねえ。

–ADs–


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください