映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MAY といえば

早いものでもう5月。メイといえばサツキだと思うが、MAY といえばやはり斉藤由貴だろう。

MAY 斉藤由貴 (YouTube Link)

もう20年以上前の歌なんだなあ。世代的なものかも知れないが名曲だと思う。
思わずiTunes Storeで購入(^_^;
上記のYouTubeに上げられたビデオ、カメラワークもオーソドックスで丁寧。
ちゃんとしてるって、こういうことだなあ。

MAY自体は、斉藤由貴バージョンより、谷山浩子バージョンが好き。
谷山浩子の歌と思っていたら、谷山浩子は作詞で、曲はMAYUMIになってる。
MAYUMIって誰?

谷山浩子バージョンのMAYは、YouTubeに無かった。
iTunes Storeにはある。個人的に、聴き比べをお薦め(^^)

–ads–

斉藤由貴 - 「斉藤由貴」SINGLESコンプリート MAY 斉藤由貴

谷山浩子 - 透明なサーカス MAY 谷山浩子

コメント (4)
  1. MacBS より:

    堀川まゆみさんですね。
    斉藤由貴さんの「いちご水のグラス」、「今だけの真実」、
    「ストローハットの夏想い」などを手がけられていらっしゃいます。
    ちなみに編曲は武部聡志さん。
    私も当時、良く聴いてました。
    AXIAのグッズなども集めていたのを思い出します。

  2. SAIKA より:

    うわ、考えてるよりブログで書け、ですね
    ありがとうございました

  3. charlie より:

    こんにちわ。「昨日、悲別で」の記事以来です。
    「MAY」、私もよく聞いていました。
    作詞は谷山浩子さんのいい匂いがします。彼女らしいと云うか。
    私も谷山浩子さんのが好きです。
    他にも「カントリーガール」と云う曲が当時好きで、毎日聞いていたような思い出があります。
    中学生の時だったか高校生の時だったか。
    谷山浩子さんは、私の毎日ドキドキしていた青春時代と重なっています。(笑)

  4. SAIKA より:

    ご無沙汰しております。趣味がかぶって嬉しいです。
    カントリーガール、いいですよね。
    ちょっと泣けてくると言うか。
    実は「空色のタクシー」も好きだったりします
    運転手の松井さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください