映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone > PhotoRoom > Twitpic

Macお宝鑑定団Blogをみて、SW Research社のPhotoRoomを買った。
iPhoneで撮った(あるいはライブラリ上の)写真を加工し、TwitpicやPicasaにアップロードできるアプリ。115円。

Photoroom_01

明るさ、コントラスト、彩度、色相を調整可能。
ただし、レスポンスは2テンポくらい遅れる(iPhone 3GS)ので、トライアンドエラーは必要。

Photoroom_02

8種類のフィルターはサムネイルでプレビュー表示され、フィルター適用後にさらに編集も可能。
ここまでは(レスポンスを除けば)すごくいい、のだが・・・

Photoroom_03

Twitpicへのアップロード。
なんと、毎回、ユーザー名とパスワードの入力を要求される。
え〜、覚えていてくれないの???

Photoroom_04

さらに、日本語入力時、候補文字列のポップアップが表示されない。

Photoroom_05

次候補をダブルクリックするとようやく表示。
う〜ん、このあたり、iPhone > PhotoRoom > Twitpic のシームレスな連動というこのソフトの魅力を削いじゃってるなあ。

Photoroom_06

んでもiPhoneのカメラ使用時に、露出補正したかったワタシとしては、まあ、買って◎かなあ。
トリミングも出来ると、なお、良しなんだけどなあ。

–ads–

PhotoRoom  PhotoRoom

コメント (1)
  1. clanp より:

    115円なんですが実は買おうかどうか迷ってました。
    ユーザー名とパスワード、毎回入力は面倒ですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください