映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R に、名入れホットシューカバーを作ってみる

先月、RF35mmF1.8にメタルレンズフードのエントリーを書いたのですが、その制作社であるF-FotoさんのWEBでご紹介いただき、その縁で同社のカスタムワードシューカバー(名入れシューカバー)を作っていただけることになりました。

F-Foto 名入れシューカバー_01

金属製のホットユーカバーに指定の文字を刻印できるセミオーダーメイド的アクセサリーです。F-Foto社よりワタシの名を入れたカスタムワードシューカバーをふたつ(筆記体とブロック体)提供頂きました。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
https://mono-logue.studio/policy

F-Foto 名入れシューカバー_02

カメラメーカー毎に違いはあるけれど、キヤノンの場合、ほとんどのEOS にはホットシューにカバーは付いていない。メーカーとしては接点剥き出しでも問題なし、という判断だと思うのでそのままで大丈夫なのだけど、金属のエッジで服を引っかけたこともカメラバッグの中で他の機材に傷をつけてしまったこともあるので、文字通り「カバー」として、リチャード・フラニエック氏のシューカバーを使っていたのだけど、現在は販売していません。

F-Foto 名入れシューカバー_03

そんななか、送られてきたF-Fotoのホットシューカバー。

F-Foto 名入れシューカバー_04

レンズフード同様にメタル製です。
(樹脂製のラインナップもあります)
写真では分かりづらいかもですがプリントでは無く、刻印(凹部にインク塗布)です。

F-Foto 名入れシューカバー_05

カメラ側の微妙な差を補正するためのスペーサーシール。(同梱)

F-Foto 名入れシューカバー_06

こんなふうに

F-Foto 名入れシューカバー_07

差し込むだけ。(ブロック体バージョン)

F-Foto 名入れシューカバー_08

同じく筆記体バージョン。

F-Foto 名入れシューカバー_09

比較サンプル用に同梱頂いたシルバーバージョン(無刻印)

F-Foto 名入れシューカバー_10

このようにさり気なく、でも、強く主張します(ブロック体)

F-Foto 名入れシューカバー_11

筆記体。同じカメラを使うひとが集まったときもひとめで分かるので、ドレスアップという意味だけで無く、実用的なメリットも大きい。

F-Foto 名入れシューカバー_12

ホットシュー自体は基本、どのカメラメーカーでも(ソニーを除く)接点数以外は同じ寸法、のはずですが、例えばキヤノンだとスピードライト装着の有無をボディにフィードバックするための接点が仕込まれていたりとメーカー毎の仕様差があり、F-Fotoのホットシューはそれに対応するため独自の切り欠きを持つ専用品になっています。

F-Foto 名入れシューカバー_13

EOS-1D X Mark IIに装着

F-Foto 名入れシューカバー_14

EOS Rに装着

F-Foto 名入れシューカバー_15

ちなみにキヤノンのホットシュー金具部はみな後端が斜めになっています
(写真はEOS M 初代)

F-Foto 名入れシューカバー_16

が、例えばOM-D E-M1 Mark IIだと、このようにメーカー毎で意匠も異なります。

F-Foto 名入れシューカバー_17

EOS R 装着時を後方から。

F-Foto 名入れシューカバー_18

EOS M に装着してみた図。

F-Foto 名入れシューカバー_19

実はこの時からすでにずっと使っていました
で、このオリジナルシューカバー。特注品でもなんでもなくAmazonで普通に買えるのですが、セミオーダーメイドで名前を刻印するだけに、オーダー時にちょっと注意が必要です。
段取りをおって説明してみます。

F-Foto 名入れシューカバー_20

PC版ブラウザ(Safari)の場合
まず自分のカメラに適合した製品とタイプ(ブラックorシルバー)を選んでカートに入れます。
このとき「今すぐ買う」を押してしまうと刻印指定をしないまま決済画面に遷移してしまうので注意して下さい。

F-Foto 名入れシューカバー_21

名入れ指定はどこ?と思うかも知れません(ワタシは思いました)が、「カートの編集」ではなく、素直にレジに進みます。

F-Foto 名入れシューカバー_22

レジ(決済)画面で、注文を確定させてはいけません。左下の「ギフトの設定」を押します。

F-Foto 名入れシューカバー_23

ギフト設定画面が表示されるので
・刻印内容
アルファベット(筆記体で10文字程度、ブロック体で8文字程度までが推奨)
大文字、小文字、ピリオド、スペースに注意です。
・書体指定
Aが筆記体 Bがブロック体。
・使用カメラ
例えばEOS Kiss Mなど非推奨のカメラをチェックしてくれるようです。
を入力します。

入力したら「ギフトの設定を保存」します

F-Foto 名入れシューカバー_24

レジ確定画面のギフトメッセージ欄に正しく反映されているか確認しましょう。
OKなら確定し、数日待つだけです。

F-Foto 名入れシューカバー_25

スマートホン(iPhone )の場合
基本、PCと同じですが、レジに進む前にギフトの設定にチェックを入れます。

F-Foto 名入れシューカバー_26

ギフトの設定を行います。入力内容等はPCと同じ。確定画面でメッセージが反映されていることを確認します。

F-Foto 名入れシューカバー_27

上記の例で作成されたカスタムワードシューカバー

F-Foto 名入れシューカバー_28

カメラはボディ自体にはカスタマイズの余地が少なく、ストラップ等でオリジナリティを出すしかないですが、このF-Fotoのメタルフードやカスタムワードシューカバーは、非常に手軽かつローコストにドレスアップが可能なので、派手に目立ちたくない、でも、他人とは違う仕様にしたいというワタシのように屈折した(?)ユーザーに好適だと思います。

F-Foto 名入れシューカバー_29

–ads–
今回レビューしているのはメタル製ですが、よりリーズナブルな樹脂製もあります。

コメント (1)
  1. mazda121demio より:

    こんばんは。 >実はこの時からすでにずっと使っていました。 本当だ、付いてますね。全く気付きませんでした(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください