映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

マカオ旧市街とOM-D E-M1X

春休みに弾丸旅行でマカオへ。一度行ってみたいところだったのと、友人Aさんに薦められたのがきっかけ。

Macau_澳門_OM-D E-M1X_01

f5.6 1/125sec ISO320 15mm(換算30mm)
泊まったホテルから見下ろす旧市街。そのうち別エントリーで書こうと思いますが、窓から聖ポール天主堂跡もグランド・リスボアも見える場所。セドナ広場まで歩いて15分くらいだったかな。

Macau_澳門_OM-D E-M1X_02
カメラはOM-D E-M1XにED12-100mmF4IS PROとED7-14mmF2.8PRO。
ED30mm MACROも軽いので鞄に入れていったのですが、結局使いませんでした。
こういうときはOM-D E-M1 Mark IIの方が旅カメラとしていいのですが、新型、使い込んで見たかったので敢えて大艦巨砲主義で。

Macau_澳門_OM-D E-M1X_03
f5.6 1/20sec ISO6400 12mm(換算24mm)
グランド・リスボア。ジオンの官邸ではありません。

Macau_澳門_OM-D E-M1X_04
f4.5 1/60sec ISO1600 12mm(換算24mm)

Macau_澳門_OM-D E-M1X_05
f4.5 1/60sec ISO1000 12mm(換算24mm)

Macau_澳門_OM-D E-M1X_06
f4.5 1/60sec ISO4000 12mm(換算24mm)
あれ、ほとんど広角端じゃん(笑)まあ、夜の散歩時はこんなもんですよね。
このエントリーの写真は2枚目を除き、すべて12-100mmF4で・・・なのですが

Sofitel Macau at Ponte 16
これはiPhone Xs Max。
無補正です。なんというか、iPhoneすごいな・・・(笑)
そう、泊まったホテルはSOFITEL MACAAU AT PONTE 16、旧市街の端っこだし、建築は重厚だし、中は古くて、てっきり古い高級ホテルかと思ったら2008年にオープンらしいのでクラシカル風、なんですね。
豪華絢爛なラスベガス風ホテルとは違って、とても楽しみました。(続く)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください