映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

シド・ミード展 図録 再発売

再発売、というのはホントは正しくない。
シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019の公式図録は会期中に完売してしまい、今回、再版されるのは、販売サイトにあるように「(本書は、シド・ミード展会場にて販売されたパンフレット(図録)の誤植や記載ミスを修正し、(新版)として新たに製作されたものです)」かつ、表紙デザインの異なる新版だから。

SYD MEAD PROGRESSIONS TYO _1

mono-logueでは書いていなかったけれど、シド・ミード展、行ってきました。もちろん。だけど、遅かったので図録はSOLD OUTしてて悔しかった。

その公式図録が期間限定の受注生産。7月8日まで
3,200円だけど、送料が800円かかるんだよなあ。

SYD MEAD PROGRESSIONS TYO _3

自分にとって、シド・ミードはジウジアーロ、ルイジ・コラーニ、と並んで、未来を垣間見せてくれたひと。

SYD MEAD PROGRESSIONS TYO _4

ただ、ジウジアーロ(ニコンF-3)やコラーニ(T-90)は実際の工業製品として(T-90はコンセプトが、だけどさ)我々の前に現れたけれど、シド・ミードは映画やアニメのコンセプチュアルデザイナーとして世界観を提示した印象。

SYD MEAD PROGRESSIONS TYO _5

いや、もちろん、図録、申し込みますけどね。月曜までだ。

-Ads-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください