映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EIZOでのPhotoshopテロップセミナーにゼミOBが

先日、茂手木さんの写真展で訪れたEIZOガレリア銀座へ再訪。
Adobe Photoshopソフトウェアを利用したテロップ制作・HDRセミナー(ポストプロダクション・映像制作会社向け)
なにしろ、映像エディター 伊藤 圭汰氏(JUNESEP)は、教え子というか斎賀ゼミOB。

セミナーは撮影、録音禁止なので、開始前に1枚。

目ざとくピースサインしてるのが彼らしい。太りましたね(笑)

うちのゼミでは主に撮影をがんばっていたけれど、就職は業界最大手(だよね)のポスプロへ。
最近、所属を移していたけれど、いつのまにかEIZOでセミナーをひらくほどになっていました。
OB/OGが活躍しているのは嬉しい限り。
でも、この写真、大学時代のでは?

という訳で大学時代、演習中の一コマを。

セミナー自体はアクションの鬼。とも言える徹底したスピード向上チューニング集。
本人は「めんどくさがりで楽したいから」と笑うけれど、仕事における「作業」部分を極限まで圧縮し、その分をクオリティとクリエイティブにあてがうのはプロフェッショナルなひとに共通する姿勢だとおもうので、とても格好良かった。
成長したなあ。(胴回りも、だけど)アラフィフの担当教授としては誇らしいですよ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください