映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R5は8K RAW 30P に 4K 120P

COVID-19のためにショールームも窓口も閉鎖しているキヤノンから、「EOS R5」スペック追加開示が出た。
Canon EOS R5 スペシャルサイト

8Kというのは最初っから謳われていた(というかウリのひとつだった)けど、FPSもフォーマットも公開されていなかったが、8K RAW /30Pだと。

さらに
・4:2:2 10bit Canon Log (H.265)
・4:2:2 10bit HDR PQ (H.265)
・4Kは120P(外部出力は60P)

なんというか、少なくとも動画に関して言えば、完全にEOS-1D X Mark IIIbを凌駕している印象。
EOS-1D X Mark IIIがモンスターだとすれば、EOS R5はケーニッヒモンスターって内容です。4K/120PはRAWかなH.265かな?処理すべきピクセル数だけで言えば8K/30P、4K/120Pができるなら、FHD/240Pも可能そうに思うけれど、そこはどうなんだろう。

・CFexpress、SD UHS-IIのデュアルスロット、は、まあ、そうだろうねえと思っていた部分の追認だけど、先行して速いCFexpress買った身としてはほっとしている。EOS-1D X Mark IIIの記録方式を踏襲するとしたら8Kは片方のスロットに限定されると思うので、スロット2がC/Pの良いSDXCなのは◎。ちゃんとUHS-IIだし。
これも予想の追認だけど、
・ボディ内5軸手ブレ補正 (+レンズ光学手ブレ補正と協調制御)
も期待したいところ、
自分の使ったカメラの中で手ぶれ補正はOM-D E-M1 Mark IIIと純正対応レンズの協調補正が圧倒的だと感じているので、フルサイズであれに肉薄してくれたら最高。

カメラメーカーの敵はライバルメーカーじゃなくCOVID-19の様相を呈しているけれど、その一番槍としてEOS R5には期待。あとはCOVIDの影響で発売がいつになるのか、でしょうか。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください