映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS C70:RFマウントのシネマカメラと明るいマウントアダプタ

Cinema EOSの新エントリークラスにして初めてのRFマウントシネマイオス、EOS C70発表。
キヤノンヨーロッパでの発表と同時に行われたInstagramライブ(日本)は最初音声が出ないなど、相変わらずカッコよく決まらないCanonだったけれど、カメラそのものは隙の無い小型シネカメラに仕上がっていて魅力的。一眼カメラ的なデザインを持ちつつもファインダー(EVF)のないデザインにはちょっと驚きましたけどね。
そして「One more thing」として登場した縮小光学系マウントアダプタのアグレッシブぶりに、b’s mono-logさんやクマデジタルさんのハートをキャッチプリキュアしたようです。

左右に浮いているのはファンネルではなく、マウントアダプタを強固に固定するためのパーツ。マウントアダプタに備わった羽根(?)に被せるように装着し、EOS C70のマウント周囲に設けられたビス穴に六角で固定する蟹挟み的な装置。
これを付けるとマウントアダプタは簡単にC70から外せない(つまりRFレンズに交換するには手間と時間がかかる)半面、EFマウントのC70になるので他のCinemaEOSと同時運用するときには有効だと思います。1段明るいF値も使えますしね(Cine)。
シネマEOSをなるべくスムーズにRFマウントに移行していくためのキヤノンの秘密兵器ですね。たぶん。

プロモーションムービー Behind The Scenes:Hikaru Hirayama ~New Faceで、インタビューを受けているDとDPの手元にあるC70のシューに付いているのがキヤノン製品ではない(たぶんRODEの Wireless GO?)のも時代だなあと感じます。

(スチルカメラとしての)EOS(というかほとんどの現行カメラ)は、写真も動画も、ということから互いに矛盾する部分も生じてしまうのですが、C70は動画特化型として仕上げられた良さが随所に光ります。シューに開けられたネジ穴は付属のハンドルをがっしりと固定するし、グリップには縦位置動画のための三脚穴まで装備。ただし、側面にはビデオボスがないのがちょっと残念。(逆に底面はこんな感じ)

価格はEOS R5より10万円高価い60万円(くらい)。量産型とは言えザクやゲルググといった生産台数ではないモビルアーマー系列と考えると非常にコストパフォーマンスの高い機種と言えましょうか。ワタシは写真も動画も、なひとなので(部分的な弱点を持っていても)マルチロール機を選んでいるのですが、動画に特化したい場合には非常に有力な選択肢になると感じます。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください