映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

撥水・防汚の保護フィルター : ULTIMA WRを買ってみた

不注意でRF24-105mm F4Lの保護フィルターに擦り傷を付けてしまった。レンズに保護フィルターって、そりゃ着けない方がベターに決まっていると思うけど、こういうこともあるので、プロテクトフィルターとして着ける派です。
今回、買ってみたのはHAKUBAのULTIMA(ウルティマではなくアルティマと読みます)の「Amazon限定版」。いろんな商品がアマゾン限定とか量販店専用とか、型番やパッケージを変えた同一品を出しているけれど、ハクバ ULTIMAの場合、オリジナルにはない 撥水防汚 加工がされているのが特徴。

HAKUBA ULTIMA WR_01

パッケージとか付属品じゃなく、仕様そのものが違うのは珍しいと思う。(オリジナルの製品ページ
保護フィルターはKenkoのPRO1Dがコストパフォーマンス良くて常用していたのだけど、5年前にHAKUBAのXC-PRO買って印象が良かったので、同シリーズの77mm買おうと思ったら、Amazonでは売ってるけど、ビックカメラでは[生産完了品 在庫限り]となっていて、ヨドバシでは扱いなし。というか、ヨドバシではハクバのフィルターはすべて販売終了になっていて取扱いがない。他のカメラ用品は扱ってるので仲が悪いわけではなさそうなんだけど。

HAKUBA ULTIMA WR_02

あまり高価すぎるのもなんだけど、撥水防汚は欲しいよね、とAmazonの表で並べてみた。価格は77mmのもの(Amazon)を百円単位にまるめたもの。メーカーの公称値を鵜呑みにしちゃいけないと思うけれど、実売と機能と公称性能のバランスで、今回はAmazon限定品というULTIMA WRに。クーポンついて少し安くなったし。

HAKUBA ULTIMA WR_03

立派なフィルターケース付き。他社含めてフィルターの上代価格があがるとケースも比例して立派になるけれど、PLフィルターとか、NDフィルターのように、着けたり外したリが前提のものはともかく、実質的に着けっぱなしになる保護フィルターのケースはただの流通時の保護用でイイと思うんだけどな。

HAKUBA ULTIMA WR_04

薄枠で、そして持った印象が軽い。
チャチだ、というのではなく、イイ感じに軽い。まあ、較べても数グラムなんだろうけれど、印象はよい。

HAKUBA ULTIMA WR_05

そんなわけで知人がレンズ買ったりしてる横で、フィルターを買いましたという話。
そうそう、RF24-105mm F4L用に77mm径なんだけど、RF70-200mm F2.8LもRF70-200mm F4LもRF100-500mmも77mm径で統一されてるんですね。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください