映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

西崎義展氏 死去

実写版ヤマトの公開を直前に、あの西崎義展氏が亡くなった。
まあ、なんというか、毀誉褒貶の激しいひとで、ワタシのなかでも評価はフクザツ。
ただ、決して強欲な「だけ」のひとではなく、彼なりに世界観を持っていたのは間違いない。

彼のこだわりが、当時希有なシンフォニックな劇伴を生んだのだし、ロボットの出てこない(いや、アナライザーはいましたが)SFアニメを生んだのだし。

Img_0039

松本零士氏やスタジオぬえの功績も大きいが、西崎氏の存在も過小評価すべきではないと思っている。

にしても、最後が船から転落死。そして、その船の名が、小笠原沖で停泊していた汽船YAMATO(485トン)というのは、出来すぎにもほどがある。
彼らしい最後だったと思う。合掌。

–ads–

Comment (1)
  1. よしTea_Cafe より:

    西崎義展氏を悼む
    今日は悲しいブログです (;_;)去る11月7日、宇宙戦艦ヤマトのプロデューサである西崎義展さんが亡くなりました。ニュースによれば、『小笠原諸島の父島の二見港で、停泊中の汽…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください